【保存版】超簡単につくれる中国の家めし「中華風焼きそば」ー佐々木俊尚

IMG_5300

味覇(ウェイパァー)が鍵

あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶に入っていて、ペースト状の調味料だ。販売元のウェブサイトには「中国四千年が誇る美食の極」「味の王様」「鶏骨、豚骨をベースに野菜エキスとスパイス等を配合した万能調味料」とある。

 この味覇、中華料理の味をつくりたいときには本当に手軽で見事な調味料だ。試しに、いつも食べている袋入りのソース焼きそばを、「本場中国焼きそば」に変身させてみよう。

【用意する具材】焼きそばのそばだけ味覇(ウェイパァー)小さじ一杯 サラダ油 海老 ピーマン タマネギ

焼きそばは「水を使わない」で炒める!

 付属のソースは今回は使わない。まず焼きそばを袋から出して、油をひかないテフロンのフライパンで炒める。パッケージには「水を入れてほぐす」とか書いてあるけど、「水を使わない」のが美味しく料理するコツだ。四角く固まったままのそばはフライパンで熱してるうちにだんだんほぐれてくるから、箸でやさしくさらにほぐしてあげよう。

 完全にほぐれたら、そばは皿にあけておく。味覇小さじ一杯ぐらいを、少量のお湯で溶いておく。

 フライパンにサラダ油を少しひいて、エビとピーマン、タマネギを炒める。火が通ったら、そばを戻そう。そして味覇をかけ回して、ざっくり混ぜれば完成。見事に、中華料理店で食べる焼きそば、そのままの味になっているので試してみよう。

IMG_5355

 

世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
「炭水化物×炭水化物」は反則だと思う。ラーメン&炒飯、そばめし、焼きそばパン...。この罪悪感と幸福感が入り混じったおいしさは、もちろん日本だけのものじゃ...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
スーパーで売っている袋入り焼きそば。裏面の作り方を見ると、「フライパンで麺を炒め、水を加えてほぐす」なんて書いてあります。でもこのやり方だと、麺がぐにゅぐ...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
定番のソース焼きそば、オイターソース香る上海風、シンプルに塩味もうまい。焼きそばが嫌いな人っているんでしょうか。もしも、いつもの焼きそばにもうひとひねり加...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。