本場中国の人に食べてもらいたい「中国茶漬け」

お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。小腹が空いた時にも、朝食に、お酒を飲んだあとにも嬉しいですよね。そんなお茶漬けですが、日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。

それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。

プーアル茶
×
蒸し鶏

口の中の脂を洗い流して、さっぱりさせてくれるプーアル茶。

これで「鶏茶漬け」を作れば、脂の多めのもも肉でもおいしくいただけます。鶏茶漬けに必要な蒸し鶏は市販のものでもいいけれど、せっかくだから手作りにチャレンジ。レシピを参考に試してみて。

<材料>
鶏もも肉:100g
酒:小さじ1
塩:小さじ1/2
ご飯:茶碗1杯分
プーアール茶:1g
水:180ml
三つ葉:適量

<作り方>
鶏もも肉に酒と塩を揉み込み10分ぐらいおく。蒸気のたった蒸し器で10分蒸す。その間にプーアール茶を煮出す。茶碗にご飯をよそって、食べやすく切った鶏もも肉をのせ、プーアール茶をそそぎ、三つ葉をちらして完成。

黄金桂
×
たくあん

「黄金桂(おうごんけい)」は、福建省を代表する烏龍茶。その名の通り鮮やかな金色と、金木犀の花を思わせるはなやかな香りが特徴です。そんな黄金桂に合わせやすい食材が「たくあん」。甘さが香りとマッチして、たくあんのパリッとした食感がアクセントになる組み合わせです。

<材料>
黄金桂:1g
お湯:180ml
ごはん:茶碗1杯
たくあん:2cm(2mm幅に刻む)
しろごま:適量

<作り方>
お湯に黄金桂の茶葉を入れ煮出す。茶碗にご飯をよそい、黄金桂を注いでたくあんと、白ごまをトッピングしてできあがり。

 

ジャスミン茶
×
梅干し

花の香りを添加してつくられるジャスミン茶には、花の香りにマッチする酸味があるとより美味しく感じられます。そこで、ごはんのお供にもなり、酸味たっぷりの「梅干し」を合わせることで、サラサラ無限にいただけるお茶漬けになるんです。

<材料>
ジャスミン茶葉:1g
お湯:180ml
ごはん:茶碗1杯
梅干し:1個

<作り方>
お湯にジャスミン茶葉を入れ煮出す。茶碗にごはんをよそい、ジャスミン茶を注ぎ、梅干しをトッピングしたら完成。

中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾に続き、今回も中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...