あえて中国茶で作る「お茶漬け」レシピ

お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。小腹が空いた時にも、朝食に、お酒を飲んだあとにも嬉しいですよね。そんなお茶漬けですが、日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。

それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。

プーアル茶
×
蒸し鶏

口の中の脂を洗い流して、さっぱりさせてくれるプーアル茶。

これで「鶏茶漬け」を作れば、脂の多めのもも肉でもおいしくいただけます。鶏茶漬けに必要な蒸し鶏は市販のものでもいいけれど、せっかくだから手作りにチャレンジ。レシピを参考に試してみて。

<材料>
鶏もも肉:100g
酒:小さじ1
塩:小さじ1/2
ご飯:茶碗1杯分
プーアール茶:1g
水:180ml
三つ葉:適量

<作り方>
鶏もも肉に酒と塩を揉み込み10分ぐらいおく。蒸気のたった蒸し器で10分蒸す。その間にプーアール茶を煮出す。茶碗にご飯をよそって、食べやすく切った鶏もも肉をのせ、プーアール茶をそそぎ、三つ葉をちらして完成。

黄金桂
×
たくあん

「黄金桂(おうごんけい)」は、福建省を代表する烏龍茶。その名の通り鮮やかな金色と、金木犀の花を思わせるはなやかな香りが特徴です。そんな黄金桂に合わせやすい食材が「たくあん」。甘さが香りとマッチして、たくあんのパリッとした食感がアクセントになる組み合わせです。

<材料>
黄金桂:1g
お湯:180ml
ごはん:茶碗1杯
たくあん:2cm(2mm幅に刻む)
しろごま:適量

<作り方>
お湯に黄金桂の茶葉を入れ煮出す。茶碗にご飯をよそい、黄金桂を注いでたくあんと、白ごまをトッピングしてできあがり。

 

ジャスミン茶
×
梅干し

花の香りを添加してつくられるジャスミン茶には、花の香りにマッチする酸味があるとより美味しく感じられます。そこで、ごはんのお供にもなり、酸味たっぷりの「梅干し」を合わせることで、サラサラ無限にいただけるお茶漬けになるんです。

<材料>
ジャスミン茶葉:1g
お湯:180ml
ごはん:茶碗1杯
梅干し:1個

<作り方>
お湯にジャスミン茶葉を入れ煮出す。茶碗にごはんをよそい、ジャスミン茶を注ぎ、梅干しをトッピングしたら完成。

台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...