意外なことに、スキーの起源は「中国」にあるらしい

スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特になんの違和感も感じない。

しかし、ここで紹介する動画は「中国にその起源がある」とするもの。2000年以上前に、新疆ウイグル自治区内のアルタイ地区で行われていた「狩り」こそが、スキーの元になっている、と。

Photo by Narrows Media Inc.

ここは、アルタイ地区のKhomという場所。動画によると、ここがスキー発祥の地のひとつらしい。

それを証明するのが、この「壁画」。やや分かりづらいかもしれないが、中央上部にスキー中の狩人、その下には獲物の鹿の姿が描かれている。

Photo by Narrows Media Inc.

スキーは、僕たちの祖先の狩りの道具だった」

Photo by Narrows Media Inc.

Photo by Narrows Media Inc.

ここでは、受け継がれているスキー板の製作方法を紹介。

まず、倒れている木を拾ってノコギリでカット。なるべく滑らかにするため、ヤスリもかける。

Photo by Narrows Media Inc.

Photo by Narrows Media Inc.

そして、お湯を晒しながら先端をそり返させる。これは雪に埋まってしまうのを防ぐため。

Photo by Narrows Media Inc.

動物の皮を細く切ったもので、足を固定。

Photo by Narrows Media Inc.

最後に、馬の毛皮を板の裏に装着。滑るスピードを高めるため、獲物を逃がさない。

Photo by Narrows Media Inc.

彼らは一度山の上まで登り獲物を探す。そして、見つけたら一気に滑り降り、持っている長い棒で突き刺すのだという。

Photo by Narrows Media Inc.

 

しかし今では、この狩りは違法になってしまった。現地人のMeyrbekさんは言う。

多分、30年後には昔ながらのスキーは忘れられてしまうと思う。教えることもできていないし、受け継ぐ人も少ない。都市部に住みたい、という理由でこの地を離れる人の気持ちも分かる。

でも、何千年もの伝統をここで絶やすわけにはいかないんだ

長年に渡って受け継いできたものを、自分たちの代で途絶えさせるわけにはいかない。でも、法律がそれを許さない。彼は、そんなジレンマに苦しんでいるのかもしれない。

一方、都市部では…

Photo by Narrows Media Inc.

中流階級層が多くなっている中国では、スキーはトレンドの一部となり趣味として楽しむ人が増え続けている。動画によると、スキー場は1990年までは1つもなかったが、2016年には568箇所まで増えているそう。ちなみに、北京周辺では人口雪を使用。

Photo by Narrows Media Inc.

スキー人口が増え続ける都市部と、人が離れ伝統が途絶えつつある地方。この状況には、動画の冒頭にあるように、「2025年までに2億5千万人を都市部に移住させる」という中国政府の政策が大きく関係していると言えるだろう。

Licensed material used with permission by Narrows Media Inc.
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
バンフから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリー。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
だいぶ暖かくなってきましたが、GWくらいまでまだまだスキーが楽しめるところも多いので、こんなネタを。「WING JUMP」は、その名の通りスキー中につける...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾に続き、今回も中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの...