意外なことに、スキーの起源は「中国」にあるらしい

スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特になんの違和感も感じない。

しかし、ここで紹介する動画は「中国にその起源がある」とするもの。2000年以上前に、新疆ウイグル自治区内のアルタイ地区で行われていた「狩り」こそが、スキーの元になっている、と。

Cedda3db83516561827b72e633a389b5b8d99dbf

Photo by Narrows Media Inc.

ここは、アルタイ地区のKhomという場所。動画によると、ここがスキー発祥の地のひとつらしい。

それを証明するのが、この「壁画」。やや分かりづらいかもしれないが、中央上部にスキー中の狩人、その下には獲物の鹿の姿が描かれている。

D38833148c0cea3bb8c19a60203f75fc1d2a937a

Photo by Narrows Media Inc.

スキーは、僕たちの祖先の狩りの道具だった」

Fb6aa6582261e8258c8bda136a09c239474c69e1

Photo by Narrows Media Inc.

037a4f3d57b134468d482a6c471e9ec21de00e3a

Photo by Narrows Media Inc.

ここでは、受け継がれているスキー板の製作方法を紹介。

まず、倒れている木を拾ってノコギリでカット。なるべく滑らかにするため、ヤスリもかける。

8ab3c5ea04fc9e85b467f916c16371d96e1fadc7

Photo by Narrows Media Inc.

4570bb66cd4f45510da9bbbbc4841bc895ab6fe6

Photo by Narrows Media Inc.

そして、お湯を晒しながら先端をそり返させる。これは雪に埋まってしまうのを防ぐため。

6040b4d939a24348631f2f76e1ae857abb7f39cd

Photo by Narrows Media Inc.

動物の皮を細く切ったもので、足を固定。

62186d0a5a41c396f5bf75ecf439619e96f35cbf

Photo by Narrows Media Inc.

最後に、馬の毛皮を板の裏に装着。滑るスピードを高めるため、獲物を逃がさない。

1c35bdcf05bb1b972b52688cc3208619c9724295

Photo by Narrows Media Inc.

彼らは一度山の上まで登り獲物を探す。そして、見つけたら一気に滑り降り、持っている長い棒で突き刺すのだという。

58b87af245b0e8b389df36f1302a4ab27476a6a9

Photo by Narrows Media Inc.

 

しかし今では、この狩りは違法になってしまった。現地人のMeyrbekさんは言う。

多分、30年後には昔ながらのスキーは忘れられてしまうと思う。教えることもできていないし、受け継ぐ人も少ない。都市部に住みたい、という理由でこの地を離れる人の気持ちも分かる。

でも、何千年もの伝統をここで絶やすわけにはいかないんだ

長年に渡って受け継いできたものを、自分たちの代で途絶えさせるわけにはいかない。でも、法律がそれを許さない。彼は、そんなジレンマに苦しんでいるのかもしれない。

一方、都市部では…

56cd86c5ecbb0e16419465f8250a42cb573d9814

Photo by Narrows Media Inc.

中流階級層が多くなっている中国では、スキーはトレンドの一部となり趣味として楽しむ人が増え続けている。動画によると、スキー場は1990年までは1つもなかったが、2016年には568箇所まで増えているそう。ちなみに、北京周辺では人口雪を使用。

F39d08921166fda97bce9e7b80062cb56f513588

Photo by Narrows Media Inc.

スキー人口が増え続ける都市部と、人が離れ伝統が途絶えつつある地方。この状況には、動画の冒頭にあるように、「2025年までに2億5千万人を都市部に移住させる」という中国政府の政策が大きく関係していると言えるだろう。

Licensed material used with permission by Narrows Media Inc.
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
だいぶ暖かくなってきましたが、GWくらいまでまだまだスキーが楽しめるところも多いので、こんなネタを。「WING JUMP」は、その名の通りスキー中につける...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...