有名すぎるスキーリゾートの影に隠れた「カルガリーの魅力」

冬の訪れがすぐそこに感じられる季節になりました。

ウィンタースポーツが好きな人は、今から雪山を思い浮かべてワクワクしているのではないでしょうか。そんな時、国外有数の名所であるカナダを真っ先に思い浮かべた人なら、かなりの確率で「バンフ」を知っているはず!言わずと知れたスキーリゾートですからね。

でも、ここでフィーチャーするのはバンフではなく、そこから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリーです。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に負けないくらい魅力ある場所なんです!

見つけづらいけれど
一押しスポットがたくさん

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

博物館やショッピングエリアなど、観光で行きたい場所は一日あれば簡単に回れてしまうカルガリー。でも、街の雰囲気を直に感じることができるバーやカフェなどのローカルスポットは、意外と見つけづらいことも。

それには、冬は極寒になるカルガリー特有の理由があるんです。

真冬になると最低気温が−30°になることもあるこの街には、玄関が二重扉になっている建物が多々あります。故に、外からチラ見するだけでは内装がわかりずらいことも。

例えば、上の写真にあるバー「Native Tongues」。Take Outと書かれたカウンターは外ではなく一枚目の扉をくぐったところにあり、縦に長い店内を奥まで俯瞰するには、さらにもう一枚扉をくぐる必要があります。

カルガリーも他の都市と一緒で、人気のスポットはどこも写真映えするようなお洒落な空間が多いです。Native Tonguesのようなスポットは街中にたくさんあるので、気になった時は“覗くクセ”をつけてさえいれば見逃すことはありません!散策しているとだんだん楽しくなってきますよ。

電車にタダ乗りできて
街中の移動がとってもラク

カルガリーの街中と郊外をつなぐ電車「CTrain」。ダウンタウンを通る一部路線だけ、実は何度でも無料で乗車できるんです。市民のみならず観光客もOKってところが嬉しいポイント。

CTrainの無料区間を利用すれば、目抜き通りのStephen Avenueなど街中の主要スポットはほぼカバーできるので、移動がとても便利。どれほど買い物しても、重い荷物を手に街中を歩き回ることもしなくていいのです。旅先で疲れてしまい、時々出歩くことが億劫になるという人でも気楽に観光できます。「あっあそこ行き忘れてた」なんて時も、行き来がスムーズに!

でも、やっぱり
バンフがあってこそ

©Banff & Lake Louise Tourism / Paul Zizka Photography

最後になりますが、カルガリーといえばやっぱりバンフは外せませんよね。だって、先にも書いたとおり、車で約1時間半ほどで行けるんですから。バスに乗っても移動時間はたったの2時間前後です。地元の人であれば、週末「ちょっとでかけてくる」という感覚で足を運んじゃうそうですよ。

町からは壮大なロッキー山脈を臨むことができて、ゲレンデの雪を踏まずともバンフの地に降り立った瞬間から心おどります。小さな町ですが、レストランやお土産屋さんが立ち並び、昼も夜も活気で溢れているんです。

ウィンタースポーツの他にも、バンフ国立公園やミネワンカ湖をはじめとする名所がたくさん。カルガリー市内とその周辺の旅の満足度をグッと上げてくれる、絶対に外せない場所です。

Top image: © iStock.com/Spondylolithesis
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。