有名すぎるスキーリゾートの影に隠れた「カルガリーの魅力」

冬の訪れがすぐそこに感じられる季節になりました。

ウィンタースポーツが好きな人は、今から雪山を思い浮かべてワクワクしているのではないでしょうか。そんな時、国外有数の名所であるカナダを真っ先に思い浮かべた人なら、かなりの確率で「バンフ」を知っているはず!言わずと知れたスキーリゾートですからね。

でも、ここでフィーチャーするのはバンフではなく、そこから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリーです。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に負けないくらい魅力ある場所なんです!

見つけづらいけれど
一押しスポットがたくさん

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

博物館やショッピングエリアなど、観光で行きたい場所は一日あれば簡単に回れてしまうカルガリー。でも、街の雰囲気を直に感じることができるバーやカフェなどのローカルスポットは、意外と見つけづらいことも。

それには、冬は極寒になるカルガリー特有の理由があるんです。

真冬になると最低気温が−30°になることもあるこの街には、玄関が二重扉になっている建物が多々あります。故に、外からチラ見するだけでは内装がわかりずらいことも。

例えば、上の写真にあるバー「Native Tongues」。Take Outと書かれたカウンターは外ではなく一枚目の扉をくぐったところにあり、縦に長い店内を奥まで俯瞰するには、さらにもう一枚扉をくぐる必要があります。

カルガリーも他の都市と一緒で、人気のスポットはどこも写真映えするようなお洒落な空間が多いです。Native Tonguesのようなスポットは街中にたくさんあるので、気になった時は“覗くクセ”をつけてさえいれば見逃すことはありません!散策しているとだんだん楽しくなってきますよ。

電車にタダ乗りできて
街中の移動がとってもラク

カルガリーの街中と郊外をつなぐ電車「CTrain」。ダウンタウンを通る一部路線だけ、実は何度でも無料で乗車できるんです。市民のみならず観光客もOKってところが嬉しいポイント。

CTrainの無料区間を利用すれば、目抜き通りのStephen Avenueなど街中の主要スポットはほぼカバーできるので、移動がとても便利。どれほど買い物しても、重い荷物を手に街中を歩き回ることもしなくていいのです。旅先で疲れてしまい、時々出歩くことが億劫になるという人でも気楽に観光できます。「あっあそこ行き忘れてた」なんて時も、行き来がスムーズに!

でも、やっぱり
バンフがあってこそ

©Banff & Lake Louise Tourism / Paul Zizka Photography

最後になりますが、カルガリーといえばやっぱりバンフは外せませんよね。だって、先にも書いたとおり、車で約1時間半ほどで行けるんですから。バスに乗っても移動時間はたったの2時間前後です。地元の人であれば、週末「ちょっとでかけてくる」という感覚で足を運んじゃうそうですよ。

町からは壮大なロッキー山脈を臨むことができて、ゲレンデの雪を踏まずともバンフの地に降り立った瞬間から心おどります。小さな町ですが、レストランやお土産屋さんが立ち並び、昼も夜も活気で溢れているんです。

ウィンタースポーツの他にも、バンフ国立公園やミネワンカ湖をはじめとする名所がたくさん。カルガリー市内とその周辺の旅の満足度をグッと上げてくれる、絶対に外せない場所です。

Top image: © iStock.com/Spondylolithesis
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
2月14日のバレンタインデー。カナダのバンフ国立公園にあるスキー場では、リフトにパートナーのいないスキーヤーが男女ペアで乗るスピードデート企画を実施。
海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2020年〜2021年シーズンより「フッ素スキーワックス」を使用禁止すること発表した「国際スキー連盟」。それがW杯開幕直前だっただけに、現場は大混乱。
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...