秋、どこよりも赤く染まるカナダのプリンスエドワード島

カナダで紅葉を楽しめる名所といえば、ケベック・シティーとナイアガラ地域を結ぶ「メープル街道」。全長約800kmの道なりにある木々は赤や黄に染まり、美しい景色を生み出します。と、ここまでは知っている人も多いでしょう。

では、プリンスエドワード島は?

同国の東海岸、セントローレンス湾内に浮かぶこの島は、秋になるとカナダ国内のどこよりも鮮やかな“赤の世界”を体験することができるんです。

紅葉と大地のコラボレーションで
島全体が赤色に

©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の“赤”は広葉樹林だけじゃありません。

この島のもうひとつ赤の正体……それは土です。舗装された街中だと気づきにくいかもしれないけれど、牧場や海岸沿いへ足を運ぶと、この島がどこもかしこも赤土なのがわかります。上を向いても、下を向いても赤!それはプリンスエドワード島でしか体験できない世界です。

おすすめのスポットは、島の中心部を通るコンフェデレーション・トレイル。鮮やかに色づく木々の中、サイクリングやハイキングすることができます。ドライブを楽しむならトランスカナダハイウェイを覚えておいて。ハイウェイと言っても、とってものんびりとしているので、途中で休憩がてら紅葉の中を散歩することもできますよ。

この島、紅葉シーズン以外も素敵です!

©Tourism PEI / Nick Jay
©Tourism PEI / Carrie Gregory
©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の紅葉シーズンは、例年10月中旬から。ですが、それ以外の季節も美しい島の風景は、カナダ国内のみならず世界中の人々を魅了しています。

例えば、夜明けや夕暮れ時。太陽が辺りをオレンジ色に染める時間帯は、空の色が島の赤土の色に馴染んで辺り一面が暖色に包まれる様は、この島ならではのもの。プリンスエドワード島を「世界一美しい島」と評する人も少なくないとか。

素朴な島の魅力

この記事を書いている私自身の個人的なプリンスエドワード島の印象を。

もしも友人に「プリンスエドワード島ってどんなところ?」と聞かれたら、「ちょっと北海道に似ているかも」と答えるようにしています。

もちろん、気候も風土もまったく違う土地なんですが、海があって、牧場があって、無造作に置かれた麦稈ロールや広大な土地にポツリと建てられた小屋など、どこか北海道っぽいんですよね。

そして、そういう何気ない風景に――移動中に、ふと目にした素朴な島の姿にこそプリンスエドワード島の美しさがあるんだと思います。なかなか言葉として伝えるのが難しいんですよね、その感動は。

Top image: © Tourism PEI / Sander Meurs
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...