秋、どこよりも赤く染まるカナダのプリンスエドワード島

カナダで紅葉を楽しめる名所といえば、ケベック・シティーとナイアガラ地域を結ぶ「メープル街道」。全長約800kmの道なりにある木々は赤や黄に染まり、美しい景色を生み出します。と、ここまでは知っている人も多いでしょう。

では、プリンスエドワード島は?

同国の東海岸、セントローレンス湾内に浮かぶこの島は、秋になるとカナダ国内のどこよりも鮮やかな“赤の世界”を体験することができるんです。

紅葉と大地のコラボレーションで
島全体が赤色に

©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の“赤”は広葉樹林だけじゃありません。

この島のもうひとつ赤の正体……それは土です。舗装された街中だと気づきにくいかもしれないけれど、牧場や海岸沿いへ足を運ぶと、この島がどこもかしこも赤土なのがわかります。上を向いても、下を向いても赤!それはプリンスエドワード島でしか体験できない世界です。

おすすめのスポットは、島の中心部を通るコンフェデレーション・トレイル。鮮やかに色づく木々の中、サイクリングやハイキングすることができます。ドライブを楽しむならトランスカナダハイウェイを覚えておいて。ハイウェイと言っても、とってものんびりとしているので、途中で休憩がてら紅葉の中を散歩することもできますよ。

この島、紅葉シーズン以外も素敵です!

©Tourism PEI / Nick Jay
©Tourism PEI / Carrie Gregory
©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の紅葉シーズンは、例年10月中旬から。ですが、それ以外の季節も美しい島の風景は、カナダ国内のみならず世界中の人々を魅了しています。

例えば、夜明けや夕暮れ時。太陽が辺りをオレンジ色に染める時間帯は、空の色が島の赤土の色に馴染んで辺り一面が暖色に包まれる様は、この島ならではのもの。プリンスエドワード島を「世界一美しい島」と評する人も少なくないとか。

素朴な島の魅力

この記事を書いている私自身の個人的なプリンスエドワード島の印象を。

もしも友人に「プリンスエドワード島ってどんなところ?」と聞かれたら、「ちょっと北海道に似ているかも」と答えるようにしています。

もちろん、気候も風土もまったく違う土地なんですが、海があって、牧場があって、無造作に置かれた麦稈ロールや広大な土地にポツリと建てられた小屋など、どこか北海道っぽいんですよね。

そして、そういう何気ない風景に――移動中に、ふと目にした素朴な島の姿にこそプリンスエドワード島の美しさがあるんだと思います。なかなか言葉として伝えるのが難しいんですよね、その感動は。

Top image: © Tourism PEI / Sander Meurs
他の記事を見る
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...