秋、どこよりも赤く染まるカナダのプリンスエドワード島

カナダで紅葉を楽しめる名所といえば、ケベック・シティーとナイアガラ地域を結ぶ「メープル街道」。全長約800kmの道なりにある木々は赤や黄に染まり、美しい景色を生み出します。と、ここまでは知っている人も多いでしょう。

では、プリンスエドワード島は?

同国の東海岸、セントローレンス湾内に浮かぶこの島は、秋になるとカナダ国内のどこよりも鮮やかな“赤の世界”を体験することができるんです。

紅葉と大地のコラボレーションで
島全体が赤色に

©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の“赤”は広葉樹林だけじゃありません。

この島のもうひとつ赤の正体……それは土です。舗装された街中だと気づきにくいかもしれないけれど、牧場や海岸沿いへ足を運ぶと、この島がどこもかしこも赤土なのがわかります。上を向いても、下を向いても赤!それはプリンスエドワード島でしか体験できない世界です。

おすすめのスポットは、島の中心部を通るコンフェデレーション・トレイル。鮮やかに色づく木々の中、サイクリングやハイキングすることができます。ドライブを楽しむならトランスカナダハイウェイを覚えておいて。ハイウェイと言っても、とってものんびりとしているので、途中で休憩がてら紅葉の中を散歩することもできますよ。

この島、紅葉シーズン以外も素敵です!

©Tourism PEI / Nick Jay
©Tourism PEI / Carrie Gregory
©Tourism PEI / Sander Meurs

プリンスエドワード島の紅葉シーズンは、例年10月中旬から。ですが、それ以外の季節も美しい島の風景は、カナダ国内のみならず世界中の人々を魅了しています。

例えば、夜明けや夕暮れ時。太陽が辺りをオレンジ色に染める時間帯は、空の色が島の赤土の色に馴染んで辺り一面が暖色に包まれる様は、この島ならではのもの。プリンスエドワード島を「世界一美しい島」と評する人も少なくないとか。

素朴な島の魅力

この記事を書いている私自身の個人的なプリンスエドワード島の印象を。

もしも友人に「プリンスエドワード島ってどんなところ?」と聞かれたら、「ちょっと北海道に似ているかも」と答えるようにしています。

もちろん、気候も風土もまったく違う土地なんですが、海があって、牧場があって、無造作に置かれた麦稈ロールや広大な土地にポツリと建てられた小屋など、どこか北海道っぽいんですよね。

そして、そういう何気ない風景に――移動中に、ふと目にした素朴な島の姿にこそプリンスエドワード島の美しさがあるんだと思います。なかなか言葉として伝えるのが難しいんですよね、その感動は。

Top image: © Tourism PEI / Sander Meurs

関連する記事

国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。