家も人生も全部手づくり。極めすぎてる夫婦から「自由」を学ぶ。

カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ます。

それがこちら。

9f9476b8147f83ff58e5f8a404758d6e5348e233

ビビッドピンクと、グリーンが目立つこのお宅に住んでいるのは、WayneさんとCatherineさん。もともとは家族4人で暮らしていたけれど、今は夫婦2人で人生を楽しんでいます。

さて、なんでこんなところに住んでいるのか?この家はなんなのか?初めはビジュアルインパクトに惹かれて気になり、調べたりインタビューを始めたのですが、このお家……知れば知るほどまぁすごかった。

それはもう、色々と。

「自分でつくる」を、
極めすぎている。

C104c1aeba7a9af47b885d3ddd1c26871fd374bdBedba5a4a1667e6306d0c5bd2a44431809e271aa

1992年に建設されたこの家は、一度も電動工具を使っていません。木材の調達から、釘打ち、ペイントもぜ〜んぶ、自分たちの手づくり。

かかった年月は2年。海面に浮かせている「生け簀」の原理を使って設計したため、沈む心配もなく、25年間ずっとここで過ごしているのです。

42e20575f2ad0e58d12fadb004d81ce2de7fc736

暴風や台風によって、修復をしなくてはいけないこともあり、メンテナンスし続けていなければ壊れてしまう、というリスクはあるけれど「手間をかけるのも楽しみのひとつ。私たちは冒険家なのよ」。ですって。

94b3cef887a4df1759752c9f2610c9c7f5c205acDbc3937dbc7f226e14167434105d0c9afd4d3a5a

完全にオフグリッドであることにこだわっていて、使っているのは14個のソーラーパネル。

3aafd5264e6d483a9db06791bd85e00477df5a4c98eefa212d01a41d76e937ad0006e6acc4a9cf73B649a3ee7587276dee03b0a44f934e6c277e90bb

冷蔵庫も冷凍庫もナシ。お腹が減ったら、4つのグリーンハウスから野菜を収穫して、10分釣りをしたら大きなバスが釣れると言います。

冷蔵庫がなくて困ることと言えば、魚を一度に食べきれない時なのかも。飲料水は、近くの滝か、雨水を利用しているみたい。

スーパーなんか行かなくても、2人暮らしには充分すぎる食材に囲まれて「贅沢な暮らし」だと笑います。

Daily Mail』のインタビューによると、街まで買いに行くもので、最も価値のあるものは“チョコレートバー”らしいです(笑)。

2e2d565039ffa1ca063cef9b7c762ba82e9af359
Wayneさんの工房

あまりお金は使わないのだろうけれど、どうやって生計を立てているのかというと、彼らは2人ともアーティストとして活躍していたのです。

旦那さんのWayneさんは、プロの彫刻家であり作家、時にはミュージシャン。奥さんのCatherinさんはプロダンサー。なるほど、自分から生まれるエネルギーを表現することを生業としているなら、住居や暮らし方から、完全にオリジナルでクリエイトしようと思うのは、自然なことでもあるのでしょう。

「自分が思う幸せ」を、
とことん貫いて生きる。

D01e2929fd58452a1af5099553f40a88528fed79

もともとは2人とも、トロントなどの都市で生活をしていて、高い家賃を払うことに追われる生活を送っていたそうです。お金を払えなくなって、部屋を追い出されたこともあるのだとか。

この生活を始めて、一番変わったことは何かをCatherinさんに聞いてみたところ、こんな言葉が。

生きるうえで、人間が一番恐怖する相手は本来「自然」でしかないのだと、この生活をしていて改めて思いました。私たちは、毎日生きる方法を学び、成長をしています。「心が満たされる」とは何なのかを教えてもらったんです。

心から望んでいることを選んで、実行する。どんな一瞬でも、愛おしく感じる人生になりました。何でも自分でつくって、無駄なものは何ひとつもない。

何よりも、<暮らし>を彩るアーティストになったと思っています。

彼らの生活・哲学を学びたい、話を聞きたいという人が世界中にたくさんいることから、「お宅訪問ツアー」まで組まれるようになりました。

興味のある人はコチラから。実際に会いにいけますよ!

Licensed material used with permission by Catherine and Wayne
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
少し前の話になりますが、「自分史フェスティバル 2017スペシャルイベント」に参加してきました。自分史とは、自分の生き方を記した書物やメディアのこと。それ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
旅には、人生が凝縮されています。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?