たぶん、人生で「いちばん自由」だった夏のこと

 

のイラストレーションを見てふとよみがえったのは、小学生時代の夏の記憶。まだ知らないことが、あまりに多かった頃のことです。

 

 

たとえば何かひとつのものを見つめていると、そこからどんどんと思考が広がって、頭の中の思わぬところに辿り着いてしまうあの感じ。できることが少ない不自由さの一方で、「ものを知らない」という自由の中を、延々と泳いでいた日々だったんだと思います。

 

Licensed material used with permission by Grant Snider
他の記事を見る
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
小さな島で過ごした夏の日のこと。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
旅には、人生が凝縮されています。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...