自分史上いちばん快適な夏を過ごすための「リフレッシュシリーズ」

もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な季節でもありますよね。

そこで今回は、夏特有のダメージを受けたカラダをケアして、爽やかな香りでリフレッシュできるアイテムを紹介します。

夏のダメージを特に受けてるのは、髪と肌なんです。そこでオススメなのが、BOTANISTの夏限定アイテム、リフレッシュシリーズ。香りも成分も夏仕様になっていて、傷んだ髪やカサつく肌をやさしく癒してくれます。今年、新発売のアイテムもあるそうですよ。

さらに、原宿にあるBOTANISTのライフスタイルショップ「BOTANIST Tokyo」では、カラダの中から元気にさせるリフレッシュメニューが期間限定でスタートします。

自分史上いちばん快適な夏を過ごすために、全身でリフレッシュしてみましょう。

夏肌に、みずみずしさを

紫外線や、効きすぎるエアコンで、夏の肌は思った以上にボロボロになってしまいます。

BOTANISTから新しく発売されるボタニカルリフレッシュボディージェルは、夏のトラブルを抱えた肌にピッタリのアイテム。ボトルの中に浮かんでいる綺麗な葉っぱの正体は、リーフペタルシャワーという香りつき葉っぱ状ゲルで、肌につけるとすーっと溶けてなじみます。

こだわりの植物由来成分とヒアルロン酸が配合されているから、浸透・持続・保水効果で、みずみずしく潤う肌へ。お風呂上がりやお出かけ前にも、手首や首元にひたひたとつけるだけで、透明感のある肌になれるかも。

さらに、リーフペタルには香りのカプセルも含まれていて、溶けると弾けてふわっと涼やかな香りが広がります。香りは、洋ナシとすずらんが香るペアー&ミュゲ。さらに夏を楽しめる涼やかな香りです。

さらに今回は、ボタニカルリフレッシュボディーソープも登場。オリジナルの植物由来成分と爽やかな冷涼ミントを配合し、乾燥や肌荒れを防いで、ひんやり優しい清涼感のある洗い上がりをお楽しみいただけます。

何かと大変な夏の肌を、ボディージェルとボディーソープでトータルケアしましょう。

爽やかな、夏のシャンプー

夏にダメージを受けるのは、肌だけじゃありません。髪にとっても紫外線や乾燥は大敵。BOTANISTのボタニカルリフレッシュシャンプーは、夏のヘアケアにぴったりなシャンプーです。

リフレッシュシリーズオリジナルの植物由来成分を配合。強い日差しや冷房など夏特有のダメージを受けている髪に、ツヤと潤いを与えます。また、メントールを配合しているから、洗い上がりはスッキリ。毎日髪を洗うのが楽しみになっちゃいます。

香りも、ボディーソープやボディージェルと同じくペアー&ミュゲ。冷涼感のある夏のバスタイムを演出してくれますよ。

このシャンプーにも、スムースとモイストがあるので、自分の好みに合わせて選びましょう。

疲れたカラダを、中からリフレッシュ

2Fにあるカフェでは、リフレッシュシリーズの発売に合わせて、心とカラダに嬉しいリフレッシュメニューが登場します。暑さが増してきて、気だるさを感じる初夏にはピッタリの、フルーツや野菜をふんだんに使ったメニューの数々です。

リフレッシュシリーズのペアーの香りにちなんで、ラフランスを使ったボタニカルリフレッシュサラダ。フルーティーな風味がアクセントになっていて、食欲のないときでもペロッといけちゃいます。また、ラフランスパンケーキもあり、どちらも真夏の疲れたお肌におすすめです。

今回リフレッシュメニューの中でも特に目を引いたのが、スムージーボンボン。フルーツをふんだんに使ったパフェ風スムージーです。パイナップル×キウイは、疲れた身体にオススメのパイナップルをブルーハワイ風味のゼリーに。

美味しい上に、見た目もとっても可愛くて、思わず写真に撮りたくなること間違いなしです。

春限定メニューだったストロベリー×ストロベリーも、大人気のため販売を延長。今だけ、春と夏の2つの季節を同時に楽しめちゃうんです!

限定メニューは、4月24日〜6月26日の期間で提供しています。お見逃しなく!

【店舗概要】
BOTANIST Tokyo
・住所:東京都渋谷区神宮前6-29-2 1・2F
・営業時間:11:00~20:00

今から、夏をはじめよう

BOTANISTリフレッシュシリーズは4月24日よりフラッグシップショップ「BOTANIST Tokyo」で発売。

5月1日より、公式WEBサイト・オンラインストアで順次発売します。

夏らしいデザインで、バスルームから夏がはじまってくるようなそんな気持ちに。きっと、これからの梅雨の時期にも爽やかさをくれるから、ちょっと早い夏気分を取り入れてみるのはいかがですか?

ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
こんな晴れた日に、思い出すのは。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
小さな島で過ごした夏の日のこと。
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
すでに強い紫外線が地上に降り注いでいる昨今。日焼け止め、どんな基準で選んでいますか?個人的な観点では、べたつかない、落ちにくい、そしてもちろん焼けない+重...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
日本上陸は2014年。すでに知っている人もいるかもしれませんが、年々暑くなっている夏を見据え、いま改めて注目したい「iGUANEYE」のフットウェア。