「おっぱい専用タオル」で、夏を快適に!

ナニコレ!?

そう思ってこの記事に入ってきたあなた、お気持ちわかります。初めてこのビジュアルを見たとき、私もつい声を出してしまいました。

これは、おっぱい専用タオル「Ta-Ta Towel(タ・タ・タオル)」。開発者が意識してるかどうかはさておき、あの映画を連想してしまうネーミングセンスからして、もう気になります。

「胸が大きい」ならではの悩み

「クーラーが壊れた夏、胸の下にかく汗が不快で。ベビーパウダーを使ったり布を挟んでみたりしたけど全然ダメで頭を悩ませていた時に、このタオルを思いついたの」

と、開発者・Erinさん。

そんな悩み感じたことがない…なんて困惑しつつサイズ表を見てみたら、S・M・Lの3サイズ展開で、一番小さいSでさえCカップから対応のよう。なるほど、そういうことか。

身につけ方は、ご覧の通り。タオルの先がカップ状になっていて、肩にかけて胸を包むことができるデザイン。タオルというよりは、ユニークな形状のノンワイヤーブラといった感じ。

たしかに汗は素早く吸引してくれるし、締め付け感もないからリラックスタイムには最適かも。そもそも胸の大きさが見合わないと、きちんと「装着」できなくてちょっと心許なさそうですが。

このタオル、Erinさんなりの気配りが2点。

まずその素材。表はタオル生地、裏はやわらかなレーヨン生地になっています。「直接肌に触れるものだから、優しい肌触りであるように」という思いが込められています。

もう一つは、デザイン。表裏で違うんです。「黒×ピンク」のように色で遊んでるものもあれば、写真のように「色×花柄」と模様で乙女心をくすぐってくるものも。

季節に関係なく、授乳時には便利なアイテムなのかも。優しいレーヨン生地は、繊細な赤ちゃんの口元や母乳がこぼれた乳首を拭き取るのにも最適でしょう。

その衝撃的なデザインで、海外でも反響を呼んでいるタオル。豊満な女性にとっては夏を快適に過ごすための便利アイテムになるかも。価格は1つ45ドル(約5千円)。おうち用ブラとしてバリエーションに加えるのはアリ?それともナシ?

Licensed material used with permission by Ta-Ta Towel
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
カタチとしてはとくに珍しくなくって、同じようなモノは結構ある。ただ、なぜか派手な柄が多いのだ、このフーデッドタオルってやつは。
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
以前から、“フワッフワッで気持ちいい”と噂は聞いてた〈SHINTO TOWEL〉の「INNER PLE TOWEL」。どこのお店でも売り切れでなかなか購入...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...