ブラのストレスから解放されたいあなたへ、「竹」からの贈り物

 「おっ!」てなる自分好みのブラジャーとの出会いって、いい男との巡り合わせみたいなもの。女性ならば絶対にあると思うんです。私の場合、ホックによる締め付け感とか、ワイヤーで固定されている窮屈さがどうも苦手。それにデザインまでこだわりだしたら…なかなかその「おっ!」が現れない。

でも、私出会っちゃったんです...。

胸いっぱいに
「自然」を忍び込ませて

オーストラリア発のランジェリーブランド「HARA」。女性一人ひとりカタチが違う、やわらかい胸の曲線が生かされるよう、無駄のないフェミニンなデザインがとにかく素敵。

ホック、ワイヤー、厚いパットとはさようなら。胸の圧迫感から私たち女性の隠れたストレスを解放してくれるブラなのです。

ブラジャーってとても窮屈でしょ、自分でもあまりつけたいと思ったことがなくて。だけど、どうしても着なければいけない時だってあるわけで。その時に欲しいと思えるブラに出会えなかったの。

とHARA創設者のAllie。やっぱり多いんだ、同じ悩みを抱えている女子。

「でね、これならって素材を見つけたの」

HARAの下着に使用されている素材、実は「竹」でできているんです

短いスパンでの成長が早い竹はサステイナブルな資源の代表として、アパレル製品にも活用されているとは聞いていたけど、ついに下着まで。

肥料や大量の水が不要なうえ、種類によっては1日で1メートル成長するというから驚きです。低刺激で抗菌作用などの効果もあって、この時期のニオイが気になる人にもいいかも。 

なにより、あの硬そうな竹のイメージからは想像できないくらい、繊維が柔らかいんだなあ〜。一日中肌に直接身に付けるわけだから、肌触りってやっぱ重要ですよね。

いつも“理想の姿”でいるのが女性、なんてとてもじゃないけど勘弁。たまには見えないところで息抜きだってしたくなるんですから。もしかしたら、息抜きをすることが心の美しさを保つ秘訣かも、なんてこのブラを身につけていると実感してきます。

女性らしさを表現できるアイテムだからこそ、見た目もラクさも妥協したくない。そんなワガママな私が、こっそりおススメしたいアイテムでした。

Licensed material used with permission by HARA
SNSで情報の入れ替わりがより早くなった今、ファッション業界にも大きな影響が出てきているようです。20代のHARAの創設者に同年代にとってのファッションの...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
総レースには若干ハードルの高さを感じる人もこれならトライできそう。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!