自分をとことん甘やかす、そんな休日には

©Shino Chikura
シンプルなブラックのブラ&ショーツ?
 
違います!
 
素材はオーガニックコットン100%、色は草木染め。ブラックの上下なのにやさしい雰囲気なのは、徹底してナチュラルにこだわっているから。ウィークデーにもいいけれど、この心地よさは休日向き。それもとことんダラダラして、自分を甘やかすような休日がイメージかな。控えめなレースもいい感じ。

ブラ¥7,506、ショーツ¥5,400(共にSkinAware

Photo:Shino Chikura Model:Misato Yoshitake
Edit:Teruha Wadama Text:Yuki Hoshi
総レースには若干ハードルの高さを感じる人もこれならトライできそう。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
全然そうは見えないけど、これ、サニタリー仕様なんです。
伸縮性のあるリブ素材だから、肌ざわりがいいのはもちろん、ホックを繋いだままでも着脱可能。金具部分など、細かいディテールへのこだわりが見えて、シンプルなシル...
インダストリアルな佇まいにヤラれて購入した〈PUEBCO(プエブコ)〉の「ワイヤーバスケット」。自宅に持ち帰って、とりあえずミカンを入れてみたところピッタ...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
お金をかけたら楽しい週末が過ごせるのでしょうか?確かにお金がないとできないこともあるので選択肢は増えますが、それが必ず有意義で楽しいかというとそういうわけ...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。