ヘルシーな色気を演出するなら

©Shino Chikura

CalvinKleinのスポーツブラのなかでもこれは、自然なバストアップが叶うタイプ。

ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。

ヘルシーなのに色気も漂うオンナを演出してくれます。

©Shino Chikura

ブラ¥5,940、ショーツ¥3,024(共にCalvin Klein

Photo:Shino Chikura Model:Misato Yoshitake
Edit:Teruha Wadama Text:Yuki Hoshi
部屋着感覚の「ランジェリー」まとめ
総レースには若干ハードルの高さを感じる人もこれならトライできそう。
素材はオーガニックコットン100%、色は草木染め。ブラックの上下なのにやさしい雰囲気なのは、徹底してナチュラルにこだわっているから。
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
全然そうは見えないけど、これ、サニタリー仕様なんです。
「渋谷キャスト」で開催される、たった一夜限りの「東京夜市」。大人が楽しめるナイトマーケット。
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
伸縮性のあるリブ素材だから、肌ざわりがいいのはもちろん、ホックを繋いだままでも着脱可能。金具部分など、細かいディテールへのこだわりが見えて、シンプルなシル...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
2017年9月12日、イタリアのピサにあるベルディ劇場にちょっとした異変が起きた。劇場は、イタリア人のテノール歌手Andrea Bocelliの美声に包ま...
インダストリアルな佇まいにヤラれて購入した〈PUEBCO(プエブコ)〉の「ワイヤーバスケット」。自宅に持ち帰って、とりあえずミカンを入れてみたところピッタ...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
年を重ねたから「色気」が出るというわけではありません。また、ビジュアルが整っているから「色気」があるというわけでもありません。お酒を飲んでいるからでも、シ...