「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だからこそ知っておいてほしいブラジャーがあるのです。

それは、メキシコ出身のJulian Rios Cantu君がCEOを務める「Higia Technologies」が開発したもの。お母さんへの愛がきっかけで発明されたこのブラジャーは、多くの女性を守るために作られました。

「13歳のとき、
母を失いかけたんです」

162f644362ab5e81191cbb0a9390b0dca3c1a688

「僕が13才のとき、母は乳がんの診断を受けました。2回目でした。腫瘍は半年もしないうちに米粒からゴルフボールの大きさになりました。診断を受けるのが遅かったこともあり、両胸を切除しなければいけなくなり、命を失いかけたのです」

映像のなかでお母さんへの思いを語るJulian君。自分と身近な大切な人に起きた悲痛な経験こそが、がんを探知できるブラジャー開発の原動力だったのです。既存の検知方法より少しでも早く見つけられるように…。

年に1回の検診じゃなく
週に60〜90分

98cd449ba8a49c7456bb3a1d3f1ff94bf1a0b3f8

それにしても、着けるだけで一体どうやって検知できるのでしょう?

じつはこのブラジャーには、触れることで質感、色、温度、そして胸と胸周りを認識できるセンサーがついています。週に60〜90分使用して定期的に検査することで、正確な診断をすることに繋げられるということです。

データはアプリと連動し「Higia Technologies」が行う特別な計算方法などにより分析され、毎週本人に診断が送られるのです。

「Higia Technologies」によると、これまでの診断方法と比べて「95%のタイムギャップ」を埋められるのだとか。

若い起業家に
メキシコ大統領も激励

0ccee8258729fb6d3392722235ee3d1b91b9120a

Higia Technologiesのメンバー。右から2人目がJulian君。

このブラジャーはまだ試作段階ですが、大学生らの起業を後押しする「The Global Student Entrepreneur Awards (GSEA)」で優勝。メディアにも取り上げられ、これから商品開発の面でも企業としての成長面でも、さらに飛躍していきそうです。

これにはメキシコ大統領も「#TalentoMexicano(メキシコの才能)」というハッシュタグを付け、彼らを称えたほど。

Licensed material used with permission by Higia Technologies
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
母親が3年前に乳癌を告知されたことに影響をうけて遺伝子検査をうけたLesley Murphyさん。結果は将来、乳癌を発症するリスクが高いというものだった。...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
屋根裏部屋で娘が見つけたのは、当時の政府に反対した写真家の母がのこした記録。
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...