胸は女性の宝物だから。「乳がん」と戦う、すべての女性へ。

数年ぶりに会った中学時代の私の恩師は、殺風景な病室のベッドに腰掛けていた。

現在、日本人女性の14人に1人が発症するという乳がん。手術を控えているという知らせを聞いて、彼女のもとへ駆けつけたのが昨年の年末のこと。

 

───「忘れないように、触ってほしい」。

 

肉眼ではわからない、胸のしこり。これから切るしかないとわかっている胸を、彼女は私に触ってほしいと言った。

『癌』というものが、どんな形で、どんな固さなのか知ってほしい。今の私が、あなたに教えられることだから、と。

女性の胸に、
メスを入れるということ。

手術が無事に終わったということを聞いて、ほっと胸を撫でおろしたけれど、まだ顔を見に行くことはできていない。

片方だけ、大きくメスを入れられた胸へのショックが大きく、体だけでなく心も回復するには時間がかかりそうだ、という話を聞いたから。電話越しの彼女はそんなことを感じさせなかったけれど、教え子を前にしたら無理して笑顔をつくらせてしまうだろう。

どうしたって、同じ気持ちを抱えることはできない。けれど、同じ女性として、彼女に何かできることはないだろうか。そう思っていた時に、見つけたのが<PINK PERFECT>だった。

<PINK PERFECT>がつくっているのは、人工の乳首。

創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語っている。

「がんでダメージを受けるのは肉体だけではない。身体は化学療法で回復するけれど、負傷した胸を見たとき、私は愕然とした。胸に傷を持つことで、自尊心や自信も失われてしまう」。

アーベルさんは、同じ辛さを味わっている多くの人のために、乳房を切除した女性が装着できる『カスタムメイドの乳首』を提案している。

人工の乳首は世界初というわけではないけれど、とにかく彼女がつくるものは、本物と見分けがつかないほどにリアル。

片側の乳房が残っている場合は、まず型取り用のキットが家に届き、型取りをしたら写真、肌の色などのデータといっしょにそれを返送する。

後日、いくつかサンプルを送って、自分の乳首と100%と同じものだと言えるものを選んでもらうそう。

両方の乳房を摘出した場合は、カタログの中からもっとも好みのものを選んでもらう。色も形も本当に様々で、自分に合ったものを見つけられるというのは嬉しい。

乳がんの患者以外にも、人知れず胸にコンプレックスを抱いている女性は多いと思う。なかには、自分の乳首の上から装着したいという女性や、ジェンダーレスな男性からもオーダーが来るそう。

<PINK PERFECT>のFacebookには、この人工乳首のおかげで自信を取り戻した女性たちの喜ぶ姿が数多く寄せられていた。涙を流しながら、アーベルさんとハグしている姿も少なくない。

こういう取り組みがあることを知るだけで、少しでも心は楽になるのではないだろうか。創業者アーベルさんの顔が見えていて、本当に辛かったときの体験談や、乳がんと戦う女性への思いもHPに記載されている、という点も大きい。

「見てみるだけでも」と紹介してみたところ、恩師はすぐに申し込んでみたいと答えてくれた。

胸に傷を持つ、という悲しみを同じように理解することはできなくても、何かのきっかけをつくることが出来たのは、とても嬉しいことだった。<PINK PERFECT>は、この病と戦うたくさんの女性の心を、サポートしてくれる存在に違いない。

Licensed material used with permission byPINK PERFECT
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
「ピンクリボン月間」である10月の第3日曜日、つまりは今週18日、全国375の医療施設で「J.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)」が実施される。
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
宿泊先を貸す人も借りる人も「女性限定」で、さらに「完全招待制」。女性が安心して旅行を楽しめるサービス「Golightly」のご紹介。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
女性という、生き物について。
母親が3年前に乳癌を告知されたことに影響をうけて遺伝子検査をうけたLesley Murphyさん。結果は将来、乳癌を発症するリスクが高いというものだった。...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
宇都宮の協同組合「宇都宮餃子会」より、見た目が完全に餃子なマスク「宇都宮餃子マスク」が登場。抗菌性能をしっかり確保しつつ、ユーモアあふれるかわいいデザイン...
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
自宅乳がんチェック装置「MAMMOECHO」。超音波で乳房をスキャンして、スマートフォンに画像を転送し、専用のサーバーにアップロード。アップロードされた画...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
来る10月は、乳がん検査の早期受診を呼びかける「ピンクリボン月間」。「BEAMS」では国内150店舗の女性用試着室に「自己触診ガイド」を掲出するそうだ。
。男性は「性欲が強くても普通」なんて言われているけれど、実際は女性も負けていません。男性からしたら、セックスを楽しんでくれる女性って素敵だと思いませんか?...
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...