胸は女性の宝物だから。「乳がん」と戦う、すべての女性へ。

数年ぶりに会った中学時代の私の恩師は、殺風景な病室のベッドに腰掛けていた。

現在、日本人女性の14人に1人が発症するという乳がん。手術を控えているという知らせを聞いて、彼女のもとへ駆けつけたのが昨年の年末のこと。

 

───「忘れないように、触ってほしい」。

 

肉眼ではわからない、胸のしこり。これから切るしかないとわかっている胸を、彼女は私に触ってほしいと言った。

『癌』というものが、どんな形で、どんな固さなのか知ってほしい。今の私が、あなたに教えられることだから、と。

女性の胸に、
メスを入れるということ。

手術が無事に終わったということを聞いて、ほっと胸を撫でおろしたけれど、まだ顔を見に行くことはできていない。

片方だけ、大きくメスを入れられた胸へのショックが大きく、体だけでなく心も回復するには時間がかかりそうだ、という話を聞いたから。電話越しの彼女はそんなことを感じさせなかったけれど、教え子を前にしたら無理して笑顔をつくらせてしまうだろう。

どうしたって、同じ気持ちを抱えることはできない。けれど、同じ女性として、彼女に何かできることはないだろうか。そう思っていた時に、見つけたのが<PINK PERFECT>だった。

4962607412805632

<PINK PERFECT>がつくっているのは、人工の乳首。

創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語っている。

「がんでダメージを受けるのは肉体だけではない。身体は化学療法で回復するけれど、負傷した胸を見たとき、私は愕然とした。胸に傷を持つことで、自尊心や自信も失われてしまう」。

アーベルさんは、同じ辛さを味わっている多くの人のために、乳房を切除した女性が装着できる『カスタムメイドの乳首』を提案している。

人工の乳首は世界初というわけではないけれど、とにかく彼女がつくるものは、本物と見分けがつかないほどにリアル。

6088507319648256

片側の乳房が残っている場合は、まず型取り用のキットが家に届き、型取りをしたら写真、肌の色などのデータといっしょにそれを返送する。

後日、いくつかサンプルを送って、自分の乳首と100%と同じものだと言えるものを選んでもらうそう。

両方の乳房を摘出した場合は、カタログの中からもっとも好みのものを選んでもらう。色も形も本当に様々で、自分に合ったものを見つけられるというのは嬉しい。

5259626681466880

乳がんの患者以外にも、人知れず胸にコンプレックスを抱いている女性は多いと思う。なかには、自分の乳首の上から装着したいという女性や、ジェンダーレスな男性からもオーダーが来るそう。

<PINK PERFECT>のFacebookには、この人工乳首のおかげで自信を取り戻した女性たちの喜ぶ姿が数多く寄せられていた。涙を流しながら、アーベルさんとハグしている姿も少なくない。

こういう取り組みがあることを知るだけで、少しでも心は楽になるのではないだろうか。創業者アーベルさんの顔が見えていて、本当に辛かったときの体験談や、乳がんと戦う女性への思いもHPに記載されている、という点も大きい。

「見てみるだけでも」と紹介してみたところ、恩師はすぐに申し込んでみたいと答えてくれた。

胸に傷を持つ、という悲しみを同じように理解することはできなくても、何かのきっかけをつくることが出来たのは、とても嬉しいことだった。<PINK PERFECT>は、この病と戦うたくさんの女性の心を、サポートしてくれる存在に違いない。

Licensed material used with permission byPINK PERFECT
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
母親が3年前に乳癌を告知されたことに影響をうけて遺伝子検査をうけたLesley Murphyさん。結果は将来、乳癌を発症するリスクが高いというものだった。...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
女性という、生き物について。
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...