命に等しい「黒髪」をバッサリ切った、彼女の悲しき理由に胸がつまる

長く艶やかな髪の毛は、アジアの国々に生きる女性たちにとって「命」にも等しい宝物。宗教上の理由も関係があるでしょう、ヒジャブやスカーフで覆うのも、美しい髪の毛を公の場では隠すためだとか。

その宝物のような黒髪をバッサリ切るということが、どんな意味を持つのか。考えさせられる動画です。

「ショートヘアにしてください」

写真に写るこの女性、椅子に座るなり「思いっきり短くしてください」と、美容師にオーダーしました。思いっきりと言ったところで…頼まれた側の美容師も、そこは毛先だけだろうと、遠慮がちにハサミを入れていきます。

ざくざくと切られていく自分の黒髪に、思いつめたような表情を浮かべる女性。

「これくらいでいかがでしょうか?」

鏡に映る自分の姿を、どこか空げな表情で眺める女性、そしてこう依頼します。

「もっと短く切ってください」

でも……それじゃあ、と思いとどまらせるよう女性に声をかける美容師。けれど、女性の決意は固いようで、彼女はこう言葉を遮りました。

「もっと…もっと短くして欲しいんです」

とうとう肩にもつかないくらい短くなってしまった女性の髪。合わせ鏡に映った自分の姿に思わず泣き出してしまいました。それから、溜め込んでいた想いを振り絞るように、震える声でこう言ったのです。

「お願いだからもっと切ってください…。夫が髪の毛を掴めないようになるくらいまで」

美しい黒髪が
虐待に使われる現実

この動画はバングラディシュの広告会社「SUN Communications」によって制作されたもの。夫から虐待を受ける女性が多い現実を少しでもよくしたいと、あるヘアケアブランドが女性専用のホットラインを開設、そのプロモーションの一部を紹介しました。

女性の権利について訴える演出に、命に等しい髪の毛を用いる。同じ女性として、動画の彼女の境遇を自分ゴトと考えた結果なのでしょうか、全国からホットラインへのアクセスが殺到したそうです。

動画の最後には、こんなメッセージが。女性の美しい髪の毛が、虐待になど使われてはいけない、と。

Licensed material used with permission by SUN Communications
3月8日の「国際女性デー」にちなんで投稿された「あなたは、この“なぞなぞ”が解けますか?」と題された動画が話題を呼んでいる。
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
「国際女性デー」にちなんで、日本各地では「HAPPY YELLOW FLOWER」キャンペーンが実施中。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュ...
アイルランド憲法が命に危険性がある場合を除いて中絶を禁止していることに対し、女性たちは「妊娠することも中絶することも私たちの人権」というメッセージを伝えて...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...