悲劇から未来へ。アシッド・アタックの被害者がスキルをアピールする就活サイト

「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DVやストーカー、妬みなどによって行われるおぞましい傷害行為のひとつです。

被害者は心にまで深い傷を負い、 また時には傷のせいで偏見や差別を受けることすらあります。

そんな彼らが再び自信と生きがいを取り戻せるよう、被害者の就職を支援しているNGOがMAKE LOVE NOT SCARS (傷ではなく愛を)

被害者と企業の架け橋に。

彼らが開いたこのサイトは、アシッド・アタックの被害者と企業との貴重な窓口となっています。

「サバイバーズ」の欄には丸く切り抜かれた被害者たちの顔写真が並び、クリックするとプロフィールやスキルについて閲覧できます。なかには被害者がお気に入りのポエムを読む動画などもあり、親しみやすさがあるのも特徴。

被害者の約8割が女性とも言われるアシッド・アタックですが、サイトの中には男性の姿もあります。マーケティングのプロやビューティシャン、ダンサーなどの職業だけでなく、好きなもの、趣味、経歴もとにかくバラエティに富んでいて、まさに十人十色です。

「クリックして雇う」で
一瞬でコンタクト。

そんな彼らを見て「雇用したい!」と思った企業は、その場でコンタクトを取ることができます。写真の下の"Click to hire"(クリックして雇う)のボタンから一瞬で連絡できるのです。

「雇うことはできないけど、この活動を広めたい」という人は、その下のシェアボタンでSNSに拡散することでサポートできるという仕組み。

顔を出してまで込めた
強い想い。

このサイトで一番注目すべきは、被害者たちが顔を堂々と出して仕事を探しているところ。ここには、強い想いが込められています。

「顔で判断して欲しくない」という理由だけならば、写真ナシの掲載も可能です。しかし彼らは「顔も見て欲しい」という確固たる想いを持っていると言います。

 ビューティストのMamtaさんは、動画の中でこう語ります。

「私はここでアピールした内容を、ただ紙に書いて送るという手段も選べたかもしれません。でも私はあなたたちに、顔も見て欲しかったのです。私がビューティシャンっていう仕事でみんなを美しくするとき、あなたたちが目をそらすことのないように」

TwitterやFacebookにも「#SkillsNotScars」のハッシュタグで動画が公開されています。可愛らしいメイクアップの紹介動画などを投稿し、それに酸の売買規制などを関連づけて訴えているのです。

「酸は、今日紹介した赤いリップと同じくらい手軽にお店で買うことができる。これがアシッド・アタックの被害者が増え続けている原因のひとつなの」

実際、アシッド・アタックの多いインドでは酸の売買に規制がかけられ始めています。辛い経験が他の誰かへと繰り返されぬよう、彼らは「傷を含めた自分自身」をもって、続いていく人生と、増え続ける被害に勇敢に立ち向かっているのです。

傷だけでなく、自分自身すべてを見て欲しい。

そんな想いを支援するこの取り組みは、多くの人々の心を動かし続けています。

Licensed material used with permission by make love not scars
他の記事を見る
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
まだ社会人経験がないなか就職活動をすると、不安なことばかりで、面接前に緊張することでしょう。この記事を読んで、すこしでも事前準備を整え、自信につなげてください。
多様性が受け入れられやすい時代になってきた。「就活」事情はどうだろう?
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2015年10月7日22時30分(日本時間)。登山家の栗城史多氏がエベレスト登頂へと向け2度目のアタックを開始した。同氏は9月20日にベースキャンプを出発...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
仕事を見つけるには、自分を「プロダクト」として売り込まなければなりません。きっと、こういうことをするのが苦手な人もいるはず。だから、どうしても嘘をついてし...