不採用ばかりの就活。想いをSNSに投稿したら、思わぬ注目を浴びることに。

SNSやYouTubeを使って、個人の発信力がどんどん強くなっているこの時代。就職活動でも、従来の型にハマっていてはいけないのかもしれません。これから社会に出る若者たちにとっては、「声を上げること」が望む結果をつかみ取る鍵になったり?

そう感じさせられたのが、就活生Jasmine Pakさんの投稿。いま多くのメディアに取り上げられ話題になっています。

今日、私はずっと就職したいと思っていたメディアに「不採用」と言われた。2週間前は、私が今までの人生で最も影響を受けて、ずっと働くことを夢見ていたメディア系の会社から、不採用通知を受け取った。

カリフォルニア大学を卒業してから1ヶ月半、数え切れないほどの会社に落ちてきた。ここなら採用してもらえる、と思っていた会社にも。そのたびに、自分には価値がないように思えてくる。

だけど、"メディアで働きたい"という思いだけは、どれだけ断られても消えないの。そのくらい情熱を持っているのに、すべてをやり尽くしても断られるのはどうしてなんだろう?

大丈夫、今日は私が注目される日じゃなかっただけ。ネガティブにはならない。心の中にある、強い意志を忘れちゃいけない。結局、自分を奮い立たせられるのは、自分しかいないのだから。

この投稿には、「同じように悩んでいる人の背中を押したかった」という思いもあったようです。

LinkedInでアップするとすぐに、いいねとコメントの通知が彼女のスマホに届き、なんとそこにはLinkedInのCEO、Jeff Weinerからもメッセージが。

ジャスミン、君の経験と、同じように努力をしている人たちに向けてのメッセージを、LikedInに投稿してくれてありがとう。メディア業界で、どんな職業に就きたいと思っているの?大丈夫、君の歩いている道は正しいし、希望の職に就く力があると思うよ。

その後も、世界各国たくさんの人から応援のメッセージや、「励まされた、ありがとう」という感謝の言葉が寄せられ、今ではいいねが7万以上、コメントが5千以上になっています。

彼女の投稿は、誰にもマネできないような珍しいものではなかったかもしれません。けれど思い切って自分の言葉を発信した結果、たくさんの人の目にとまり、応援され、情熱が評価されることになったのです。

エントリーシートを書いて面接を受けても、望んだ結果は得られなかった。けれど、目指すものに向かって、自分を発信する手段はひとつではありません。CEOからのコメントによりさらにシェアが伸び、目指していたメディア業界から、たくさんのインタビューを受けることになりました。

発信する場所がたくさんある今の時代だからこそ、夢を掴むための可能性は、どこに転がっているかわかりませんよね。

Licensed material used with permission by Jasmine Pak
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
多様性が受け入れられやすい時代になってきた。「就活」事情はどうだろう?
まだ社会人経験がないなか就職活動をすると、不安なことばかりで、面接前に緊張することでしょう。この記事を読んで、すこしでも事前準備を整え、自信につなげてください。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
世界中のCEOのなかでトップクラスの評価を得ている、『LinkedIn』のJeff Weiner。どうしてこんなにも人望が集まるのか。「Inc.com」の...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
高校3年生の子どもを育てているルイーザさんが、何気なくある画像をSNSに投稿したところ、15万を超えるいいねがつき、まさかの展開に……。一見、人気作家の絵...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...