4児のママが、YouTubeを参考にしてマイホームをセルフビルド!

4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格の家は狭すぎました。

そこで彼女は、勇気ある決断を下すことに。マイホームを、自力で建てることにしたのです。参考にしたのは、YouTubeで紹介されていたチュートリアル。こんなに立派な家ができあがるだなんて、侮れません。

プログラマーとしてフルタイムで働いていた彼女は、学校に通っている家族とともに、早朝や帰宅後の時間を使って、マイホームづくりを進めました。はじめに、一番上の息子と設計図をつくり、動画で建築の方法を調べ、必要な材料を揃えていきました。

2008年当時はスマホを持っていなかったため、旧家と現場を行ったり来たりし、PCで調べものをしながら作業。大変だったようですが、パートナーがいなかったぶん、迷いなく決断し行動に移せたとも。

「すべて自分の力で成し遂げるのは簡単なことではありません。どんな材料を買うのか、どんな設備やフロアにするのかを自分で決めなければなりませんから、大きな決断を何度もしなければなりませんし、コンクリートのブロックを動かすのはかなりハードワークです。基礎をつくるのが一番大変でした」。

4人の子どもは、上から17歳、15歳、11歳、2歳。ひとりは、一番下の子の面倒をみる係です。建設の知識や経験がある友人に手伝ってもらうこともありましたが、9ヶ月ほどかけて無事完成。購入すれば6,000万円近くかかるような大きな家を、2,000万円未満で建てることができました。住み心地はどうなのでしょう?

「自分で建てた家で暮らす気分は素晴らしいものです。どこをどうやって建てたのかがすべてわかり、そのときのことを思い出して話すたびにみんなで笑いあっています。家族の距離も近くなります。大きな夢への挑戦も怖くなくなりました。不可能に思えることでも、やってみるべきだと思います」。

その後、彼女は家づくりや家族のことをまとめた書籍『Rise, How a House Built a Family』を出版。YouTubeやインターネットで物事を学ぶことが常識になっているとはいえ、その行動力に驚かされますね。

Licensed material used with permission by Cara Brookins

関連する記事

いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
南イタリアに位置するシチリアのカンマラタは、歴史的な建造物を守るため空き家を“無料”で提供することを発表した。いくつか条件はあるもののシチリア島にマイホー...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
DIY職人とのマッチングサイト「Mr.DIY」が1/18にローンチ。専門スキルを持ったDIY職人が低料金で住環境をアップデートしてくれる。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
この記事では、あなたの職場の上司や友達、恋人の隠れた腹黒さをチェックする心理テストを『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から3問厳選してご紹...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
ミリタリーテイストのDIYキット「ARSENAL TOOL」が登場。砲弾状のチタンメッキ加工を施した各パーツは、使い勝手はもちろん、男ゴコロをくすぐるデザ...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
何かを生み出したり、カスタムしたり、住まいをメンテナンスするその前に、揃えておきたい「便利グッズ」のご紹介!きっと、DIYが10倍はかどるはず。
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
ビヨンセが双子を出産して、初めてInstagramでお披露目したのがこの投稿がアップされると、世界各国の双子を出産したママたちがコピーして楽しみ始めたけれ...
普段から家庭内で、「太っている」という言葉に対してポジティブな見方をするよう子どもたちに伝えているAllieさん。誰でも脂肪はついているし、脂肪は私達を守...
4児の母であるErinさんは、産後うつに悩まされていました。お医者さんから「自分の時間を大事にね」なんて言われていても、育児に追われて自分のことはついつい...