クルマの「熱中症事故」を防ぐ!発明したのは10歳の少年

毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。

米・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんも、近所で起きたニュースに心を痛めていたひとり。しかし彼がすごいのは、自らの手で車内での「熱中症防止デバイス」を発明してしまったところ。

熱中症防止デバイス
ってどんなもの?

Bishopくんは小学5年生。以前から、自動ボール射出機や自家製カタパルトなど、発明が大好きだったそうです。

そんな彼の近所で、生後6ヶ月の女の子が車内に置き去りにされ、熱中症で亡くなるという事故が発生。そして彼は、予防アイテムである「Oasis」の開発に着手したのです。

それは、車のシートに取り付けることで車内温度を感知し、車内が高温になったら冷風を送り、また同時に自動で警察と両親に知らせが行くような仕組みになっているそう。

現在は3Dプリンターによる試作のみですが、クラウドファンディング「GoFundMe」にて目標金額の2万ドル(約220万円)を上回る、2万9,000ドル(約320万円)の資金が集まり、実際に生産に向けて動き出しているとのこと。

彼のお父さんも、驚きを隠せません。

GoFundMeで、たくさんの心優しい人から応援してもらえ、とても驚いています。現在『Oasis』は、USPTO(アメリカ合衆国特許商標庁)からの特許発行を待っている段階です。息子の発明によって、車に子どもを残すことの危険性が、より深く理解されるようにと願っています」

10歳の男の子のひたむきな取り組みが、車内放置の危険性に警鐘を鳴らす、ひとつのきっかけとなったことでしょう。

Licensed material used with permission by Bishop Curry, IV
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。
7〜8月に多いという犬の熱中症対策として、「株式会社シロップ」は、鹿児島県産の黒豚や安納芋などの国産食材を使用した人間も食べられるカスタムフレッシュドッグ...
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
梅雨が明ければ、かんかん照りの真夏がやってきます。熱中症対策は万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがありま...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
「美味しくフードロス削減」をコンセプトに、形や大きさ、キズなどの理由で廃棄されてしまう国産フルーツを特殊冷凍技術で作り変えたフローズンフルーツ「HenoH...
暑い夏は、もうすぐそこ。外出自粛のなか、家で過ごす人も増えているが、外出しないから安心かと思いきや屋内にいても熱中症になる人が多いとか。どこで作業をしてい...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
持ち運びに便利な、手のひらを冷やす保冷剤「体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリーfresh」をご紹介。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
「じゃばら」に含まれるナリルチンは、花粉症の症状を緩和して抗酸化力を向上させることができるとされ、子どもや妊婦でも安心して摂取が可能。生産農家を支援し、花...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
夏を快適に過ごすためのマスクをまとめてご紹介。息苦しくない、蒸れない、通気性がいい洗える、というマスク探している方は必見です。もっと暑くなる前に、夏用マス...