爆発寸前の子育て奮闘ママに53万人からエールが届いた。

子どもを持つ親が公共の場にいる時、人の迷惑にならないようにと周囲に気を使う姿を何度も見たことがあります。気づいたら疲弊して上手く笑うことができなくなり、些細なことでイライラしてしまう事もあるのでしょう。

ADHD(注意欠如・多動性障害)の娘がいるTaylor Myersさんも、これと同じかそれ以上に苦心する体験をしたそうです。見知らぬ人からの心ない言葉に傷つき、やりきれない思いを自身のSNSへ投稿しました。

限界まで頑張るママへの
心無い“口撃”

「スーパーのカスタマーサービスに並んで支払いを済ませようとしていた時、カートに乗っていた娘のSophieが立ったり座ったり、逆立ちしようとしていました。私のことを罵ってきたからお菓子の袋を取り上げると、駄々をこねたり。これが私たち親子の日常。 

ADHDの娘は、気に食わなかったり腑に落ちないことがあれば、周りの注意を引こうと大げさに振舞います。疲れて眠りに落ちるまで続けることも」

C1ce23950300aa6190b758fb59d3d08fb8f750dc

「この日、スーパーで並んでいたのはほんの数分。駄々をこねる娘を無視していました。良くない態度に対してこちらが妥協してしまったら、彼女も止めなくなってしまうから。

今までも同じような事が原因で、買おうとしていた物も買えずに店を出なければいけなかったことが何百回とありました。4年間、かんしゃくを爆発させる赤ん坊と一緒にいたような感覚。けれど、この日は買い物をしなければいけないと思い、我慢していたのです」 

 

「カートの中で立っていた娘に『落ちるから座っていなさい』と何度も言いました。すると真後ろに並んでいた女性が『頼むからクッキーでも与えて黙らせてくれるかしら』と言ってきたんです。

4歳の娘は重度のADHDで、私には子どもが2人いる。私ひとりで育てているんです、と説明することもできました。でも、代わりに『娘はまだ4歳なの。他人に口出ししていないで、自分のことをもっと考えてよ』と言ってしまったのです。 

 

次の瞬間、私は必死に落ち着こうと努力しました。でも彼女のような人が他にも出てきたら、またあの“嫌なヤツ”になってしまう気がして、1人で会計を済ませられる場所へ移動したのです(中略)。 

 

私は涙が止まりませんでした。喪失感や怒りを感じて、心は傷ついていました。ただ、子どもと店で充実した時間を過ごすことができない事が、本当に悲しかったんです。 

支払いを済ませている時、手助けしてくれた女性がいました。彼女はSophieの気を引こうといろいろ質問をし始めたのです。お菓子を食べようとしていた娘に『今日はダメよ。ママのために良い子にしてね。私にもあなたのような娘がいるわ。何歳?兄弟は?』、こう話しかけてくれました。今までで1番感謝した瞬間でした」

深く考えず放った一言が
相手を傷つけることもある

Taylorさんは最後に「見た目で判断しないでください」と呼びかけました。手を差し伸べてくれた女性には本当に感謝しているようで、「少しの優しさがママを落ち着かせることもある」と書いて、改めてお礼の言葉を伝えています。

彼女の投稿文には53万近いいいねがつき、15万人がシェア。同じママや女性からたくさんの応援メッセージが寄せられ、男性からも「気にするな!」のエールが。

飾らない本音だったからこそ、これほど多くの人に届いたのかもしれません。行き場のない悲しさは、結果的に子育てで同じ悩みを抱えるママたちに、寄り添うかたちにもなったかもしれないですね。

Licensed material used with permission by Taylor Myers
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...