「デブ」と呼ばれた女の子の大人すぎる対応が話題に。

自分の体型を友人から否定された5歳のCambelleちゃんの“対応”が、多くの大人たちを感心させています。

「デブって言われたの…」

Cambelle:ママ、昨日ねシャツが上がってお腹が見えちゃった時があって、隣にいた女の子に「デブ」って言われたの。

ママ:あら、それでなんて言い返したの?

Cambelle:「デブじゃない!」って言った。「誰にでも脂肪はついているものだし、ついてても別にいいのよ」って。

ママ:うまく返したじゃない。ママあなたを誇りに思うわ。「太っている」というのは悪い言葉じゃない。その子は故意に傷つけようとしてきたわけじゃないと思うけど、でも、誰にでも脂肪はついていると理解してもらうことは、とても勇気がいることだったと思う。脂肪のつき具合が多いか少ないかで、あなたがどのような人間か決まるわけじゃないんだし。その子はその後なにか言ってきた?

Cambelle:ただ「ふぅん、わかった」って言ってた。

親娘ふたりのやりとりは、母親のAllieさんがインスタグラムに投稿したものです。

5歳の女の子であろうと、容姿を否定され感情的になってもおかしくない状況。代わりに自分の考えを伝えることで、その場を上手くおさめたCambelleちゃん。大人でも考えてしまうような場面にこの対応。Alliさんも感心するより先に驚いたと言います。

一体、彼女のどこからこのような“強さ”が出てきたのでしょうか?

「みんな脂肪はついている」
娘を救ったママの教え

親娘の会話には、まだ続きがあります。実はこれこそが彼女の強さの秘訣。

Cambelle:ママのことを「デブ」って呼んでしまった時のことを覚えてる?
ママ:ええ、覚えているわ。
Cambelle:あの時はごめんなさい。
ママ:いいのよ。あなたがこれから、他の人にも同じように教えてあげることが、いちばん大事なことだから。

「デブ」と呼んだCambelleちゃんに対して、母親は怒る代わりにこう切り返したそうです。

ママは「デブ」じゃなくて脂肪がついているだけ。これはみんなに言えることよ。脂肪は筋肉や骨を守ってくれて、生きるうえでエネルギーになってくれるの。

きっとCambelleちゃん、「デブね」と言われた時にこの言葉を思い出したんでしょう。

「普段の私たちの物事に対する姿勢は、子どもたちの言動にも影響を与えるものなの」とAliieさん。子どもたちが素敵な大人に育つよう、普段から家庭内で様々な考えを“共有”しているそうですよ。母親の影響力、そしてポジティブな考えが生みだす力は偉大だと教えられた気がします。 

Licensed material used with permission by Allison Kimmey
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。