子育てをする上で(当たり前なんだけど)やっておくべき5つのこと

 

「いい子」とは、お勉強ができるとか、みんなに褒められるとか、立派な大人になるとか、そういう子のことだけではありません。

まだまだ知らないことが多い子どもは、大人以上に、新しいこと、新しい自分との出会いがたくさん。人生の中でもとくに柔軟な時間を過ごす彼らに、「いい自分」を見つけてもらう機会をいかにたくさん作れるか?は、ある程度大人たちのリードが必要なもの。

何かへの挑戦を恐れない、たとえ失敗しちゃってもまた立ち上がる、その中で見つけていく「自分」を “いい”と思える子どもに育てていくために、こんなことって大事じゃない?という提案です。

1. 褒めるべきタイミングを逃さない

5889777538695168
© iStock.com/Liderina

じつは、子どもたちがあなたの “期待に応えてくれるとき”ほど、褒めることを忘れてしまいがち。

だからこそ、伝えてあげることが大事です。「ちゃんと、見ているよ、気づいているよ」という一言を。そしてそれを、なるべくたくさんの人がいる前で言ってあげること。

どんな姿も見逃さず、そして褒めるべきタイミングを逃さずに。彼らが自分の潜在能力に、気づくきっかけになるかもしれません。

2. 「まずは」許す

子どもが何かひとつ間違いを犯すと、それを踏まえて厳しい接し方になってしまいがちです。

一度冷静になり、一歩下がって彼らを見つめてみて。間違いや弱さなんて、その人が持つものの中にある、ほんの一部だから。

もちろん、間違いを間違いであると伝えることは大事。けれど、一度やってしまったことを「まずは」許すということが、一番大事なこと。

3. ちゃんと見てあげる。
でもプライバシーも尊重する

たとえば、子どもが不安を抱えているとき。助けてあげたくなる気持ちはわかるけれど、ときには「プライバシーをキープしてあげる」ことが、子どもにとっては心地良いときも。

何も聞かない、詮索しない、でも必要な時はいつでもそばにいてあげる。彼らのプライバシーを尊重し、守る努力も不可欠です。心配するということは、すべてを知っておくこととはまた別の話。

4. 手助けが必要な時はお願いする

5798430295195648
© iStock.com/Tijana87

あなたが子どもに手助けを求めると、彼らへの尊敬の気持ちが伝わりやすくなります。彼らの経験、スキル、考え方を尊重しているという表れにもなるからです。加えて、自分の弱い部分も見せることは、信頼関係の構築にもつながるはず。

積極的に、子どもに助けを求めてください。自分ではない誰か(あなた)のために何かができたという喜びを感じ、彼らは自尊心、自信を養うことができるでしょう。

5. 目的を与える

6436902953549824
© iStock.com/AleksandarNakic

子供たちに目的を与えてください。なぜ成し遂げたいのか、成し遂げるときに必要なものは何か、それを自分自身で知っていくこと、そしてその目的を達成できた喜びを知ること。その機会を与えるのです。

誰しもが、自分のすることひとつひとつに意味を求めるもの。その手伝いをしてあげたら、子どもたちも達成感や自尊心を持つことができるはず。それこそが、彼らにあげられる最高のプレゼントのひとつでしょう。

 

Top photo: © iStock.com/AleksandarNakic
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
育てる側の性格に合わせた子育て方法を提案するのは「YourTango」のライター、Christine Schoenwald氏。なんでも誕生月から、ピッタリ...
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...