子どもを叱るとき、ちょっと待って。大人も同じ間違いをしているかもしれません。

子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだけなんでしょう?

そう問いかけるのは、これまで3冊の子育てに関する本を出したベストセラー作家Rebecca Eanesさん。子どもの成長と共に、私たち大人も成長していくべきという考えを、わかりやすく伝えている記事があるので紹介したいと思います。

感情を抑えられない時は
「優しさ不足」のサイン

まずは自分が、怒りや恐怖、悲しみや失望という負の感情を感じた時に、うまく対処する方法を知るといいでしょう。気分が悪くなったからといって、子どもに嫌な態度をとらないようにしましょう。必要なのは少しの親切と好意なのです。

本当はあなたもわかっていながら、子育てをしているとついつい言いたくないことまで言ってしまったり、ドアを思いっきり閉めて八つ当たりしたり、怒鳴ったりしてしまう事があるでしょう。でもこれは、感情がないロボットじゃないんだから、しょうがないんです。

時に人生は面白みがなく辛いもの。休むことも必要です。私たちだって慰めのようなハグが必要だし、鬱陶しいような目で見られたくない。間違いを犯してしまうことは、自分でもちゃんとわかっているのです。それでも苦しい時がある。そんな時は「優しさ」が必要なんです。そして、それは子ども一緒です。

間違えたっていい
ただ気づくことが大事

あなたの普段の言動を、もし子どもがやっていたら叱られるかどうか、問いかけてみてください。

・子どもが話しかけてきて、無視をすることはありますか?
・誰かを怒鳴りつけることはありますか?
・軽蔑するような喋り方をしたことがありますか?
・あなたのパートナーにもそういうことがありますか?
・ドアを思い切り閉めて呆れた顔をし、頼まれた事に対して怒ったことはありますか?

少なくともこの中のどれか1つは、子ども叱る時にやってしまっているのです。でも、そうしてしまうことに理由はあると思います。

仕事でもストレスを抱えていて、子どもを寝かしつけるのに睡眠を削っている。あなたたちは本当はとても良い人たちで、凄く頑張っているんです。ただ、ときどき間違えてしまうことがあり、そうした時も理由に気づき、間違いに寛容になろうとするものです。

「子ども目線」になってみると
ものの見方が変わる

もしも、子どもたちが自分たちと同じ過ちを犯したら、生意気で失礼な子だという目で見てしまい、すぐ注意しようとします。自分たちは感情を出して「人間らしく」いていいのに、子どもにはそれ以上を期待してしまう…。それはフェアじゃないのです。

私の場合、もし怒りを抑えられないのであれば、自分の子どもたちにも感情をコントロールするようなことを期待しません。もし常に優しくいられないのなら、子どもたちにもそれを要求できるでしょうか?

まだ発達しきっていない脳で、人生の経験も少ない子どもに「大人より良い振る舞いをしなさい」と言っているようなものです。

子どもに期待することを
まずは大人が率先してやる

子どもに、親切で思いやりを持ち、マナーを身につけて欲しいと期待するなら、自分自身への期待値も上げてみてください。

もちろん、失礼で無礼がないように教えることはとても大切なことです。誰もが、行動には自らが責任を持つべきなのです。でも、しつけが必要な時にしないというのは甘やかしになり、良い子育てとは言えなくなってしまいます。

成長できるように教えてあげるのと同時に、私たちも一緒により良くなれるようにしましょう。大人が目標を高く掲げ、リードしていく必要があります。

そして、時には思いやりの心こそが一番の教えとなり、解決へ導くということを忘れないでください。

パーフェクトなんてない

私は、これ以上ないっていうほど努力しても、過ちを犯してしまう不完全な人間です。そして子どもたちも、同じように間違えてしまうことがあるのです。

だから良い、というわけではないですが、このように考えることで子どもたちをより理解できて、自分自身が成長するチャンスも得ることができます。確かにしつけは必要ですが、時には心優しくあるべきなのです。

Licensed material used with permission by Rebecca Eanes
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
普段から家庭内で、「太っている」という言葉に対してポジティブな見方をするよう子どもたちに伝えているAllieさん。誰でも脂肪はついているし、脂肪は私達を守...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「子どもだって、のまなきゃ、やってらんねーよ。」そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。その正体は、リンゴの炭酸飲料...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...