親のある行動で決まる。子どもが「幸せな人間」に育つ方法とは?

幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?

じつは、ある大事な法則がありました。

inc.com」の人気ライターJeff Hadenさんは、今まさに子育て中の人や、子育てに不安を抱えている人に向けて、ひとつの重要なティップスを紹介していました。

子どもを
「コントロール」しないこと

もちろん、コントロールと言ってもすべてのコントロールを意味するわけではありません。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。

Mai Stafford氏を中心とした研究チームによれば、成長期に心理的なコントロールを受けた経験が少なく、親からの思いやりを受けた子供のほうが大人になってからも幸福度が高いことが明らかに。一方で、心理的なコントロールをされることが多かった子供は精神的な健康状態が、その後も含めて良くない、という結果に…。

ところで
「心理的なコントロール」
って、なに?

たとえば「門限を決める」ことについて、どう思いますか?子どもの“遊びたい!”という心理をコントロールしていると思いますか?

結論から言うと、門限を決めることは行動をコントロールしているということ。ここでやってはいけないことは、門限を守れなかった子どもに罪悪感を覚えさせること

これがまさに心理的なコントロールなのです。

心理的なコントロールとは、つまり子どもの心理に干渉し、それをコントロールすること。例をあげるなら、子ども自身が決めたことに口出しをすることや、過度にプライバシーを侵害すること。

対して行動をコントロールするということは、自分の子どもに、より良くなってほしいと思う親が決めるルールと同じです。たとえばそれは、門限を決めることや宿題を終わらせるように、と伝えることです。

研究をしたMai Staffordさんはこう語ります。

もし、子どもが親と感情をうまく共有していれば、その後もうまく他人との感情共有ができるようになります。思いやりと責任感を与えることは、社会的・精神的発達を助けることになるのです。反対に、心理的なコントロールは子供の自立と社会的規範の発達を妨げることになるでしょう

子どもをひとりの
「大人」として扱うこと

では、子どもとどう接するべきなのでしょうか?どうしたら心理的コントロールを避けられるのでしょうか?

答えはシンプルです。それは、思いやりを感じさせること。

大切なことは、なぜ制限をするのか、なぜその期待をしているのか、ということをちゃんと子どもに伝え、対話をすること。

先ほどの門限の例で言えば「夜遅くに子どもが出歩いていると危ないから門限を決めた」ということを、しっかり話してあげましょう。

誰だって、意見を尊重されなかったら無視された気持ちになります。それは子どもだって一緒です。もし意見が違うなら、それを認めつつ「違う考えを持つことは間違いではない」と教えてあげることも大切です。

相手を尊重することは、思いやりを感じさせる効果的な方法のひとつなのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...