つい見失う。本当に正しい「教育」ってなんだろう?

「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。

これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持っています。

でも、それって本当に「正しい」こと?

そんな疑問を投げかけるサイレンスアニメ『Alike』を見てみましょう。

“坊や”が素敵なものを
見つけるけれど…

坊やの小さなカバンに、ありったけの教材を詰め込むパパ。

カバンはとっても重たいけれど、坊やは大好きなパパと一緒に学校へ向かいます。

ある日の通学路で、坊やはバイオリニストを目にします。

見たことのない楽器と、初めて聴く音色に興味津々。

坊やは目を輝かせて、誰も見向きもしないバイオリニストに近づきます。

でも…

「ほら、寄り道していないで学校に行くよ」とでも言わんばかり。

パパは、重たいカバンを坊やに差し出しました。

あのドキドキが
忘れられない

授業中も、今朝見たバイオリニストのことで頭がいっぱい。

「先生、見て。きょうの朝、ぼくとってもすてきなものを見つけたんだ!」

いいからアルファベットを書きなさい。

先生はそう諭すかのように、白紙のプリントを坊やの前に差し出します。

坊やの存在は、パパの心の支え

坊やが学校に行っている間、パパは仕事。自分の心をなくすかのように、淡々と目の前の業務に打ち込む毎日です。

仕事をしている間の体の色は、心のなかを表すかのように色褪せていきます。

学校が終わった坊やを迎えに行ったとき、ようやくパパは自分を取り戻したような気持ちになり、鮮やかな色を取り戻します。

でも、坊やは…

今日も大好きなバイオリンの絵を描きますが、先生はそれを見て怒るばかり。

「だれもぼくのことをわかってくれない」。

次第に、パパとも心が通わなくなります。

パパも、坊やの変化に気付きはじめます。だんだんと色褪せてしまっていることに…。

本当にこれでいいのだろうか。私は大切な坊やから、何か大切なものを奪っているんじゃないだろうか?

パパは悩み、そして、ひとつの答えを出すのでした。

バイオリニストの
いなくなった公園で

次の日。

パパは坊やを公園に連れていきます。しかしそこには、誰もいませんでした。バイオリニストは、いなくなってしまったのです。

落胆し、公園を背にして歩き出す坊や。それを見て、パパは公園の真ん中に立ち、バイオリニストの真似をします。

今まで聞き流してきた坊やの言葉に、そして小さな息子の気持ちに、耳を傾けるように。

その姿に、目を見開く坊や。

まわりの人たちは不思議そうな顔をしていますが、失いつつあった大切な気持ちが、どんどん蘇ってきます。

多くの人が自分を見失った“白い町”のなかで、この親子はとても幸せそう。

坊やの好きなものは、社会の色からはみ出しているのかもしれない。

それでも、自分の大切なものを失う必要性はないのだと、パパは小さな坊やを抱きしめるのでした。

強制や無視をすることなく
耳と心を傾けること

『Alike』の制作者は、こう語ります。

「あなたの子供たちが必要としていること、彼らがしたいと思っていることを知ること…。それがどれほど重要なことなのか、気づいて欲しいのです。学校や仕事に大きく影響を受けたとしても、どうか自分と自分の子供の大切な気持ちを見失わないでください。そして何より、子供たちの声に耳を傾けて、理解してあげて欲しいと思ったのです」

350万回ほど再生されている約8分のショートフィルムは、こちらから。ぜひ大切な人と向き合って、語り合ってみてください。

学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
インターネットで性の知識をつける。そうした若者が増えた結果、誤ったネット情報を頭から信じている学生もいることを、女性の人権や生命倫理、人口問題などを専門と...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...