子どもの脳の発達に「母親の声」が大きく影響している(米研究結果)

母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Mail」などがいっせいにこれを報じたのも、“母は偉大なり”が世界共通言語である証拠でしょう。

子どもたちのコミュニケーション能力を左右する、母の声。子どもがそれを認識するまでにかかる時間はなんと……。

わずか1秒足らずで
97%の子どもが母と認識

A738353d01e04f84f0177e740ef3632a56c503bb

スタンフォード大学の薬学部で実施されたこの研究は、母親の声が他の一般女性と比べたとき、子どもたちの脳にどう反応を与えるかを調べたもの。被験者は7歳から12歳までの24人の子どもたち。MRIで脳のスキャニングをしながら、母親と知らない女性の声(子どもの名前ではなく意味のない単語)をランダムに聞かせました。

その結果、じつに約97%の子どもたちが自分の母親によるものだと脳が認識するまで、じつに1秒足らずで認識してしまうことが判明したのです。あくまで分母が少ないなかでの結果ではあるものの、子どもたちには瞬時に、それも正確に、母親の声を脳内で聞き分けている。これが、父親では同じ結果にならないんだそうだから、なんとも皮肉な話。

言語・感情の大部分は、
母の声を聞くことで発達する

ところで研究者たちが注目したのは、識別までのスピードよりもむしろこちら。脳への刺激は、音を認識する聴覚野だけでなく、感情をつかさどる領域、顔を認識したり、喜びを感じたり、社会的コミュニケーション能力に欠くことのできない脳の領域までもが、同時に刺激を受けていたという事実です。

「人間の社会生活や言語能力、感情の育成などの大部分は、母親の声を聞くことによって身についていきます。けれど、この非常に重要な音源が脳内でどう影響を与えていくか、ほとんど解明されていませんでした。まさか、これほど素早く脳の広範囲にまで母親の声が届いていたとは驚きでした」。

とは、研究を指揮した神経医学博士のDaniel Abrams教授のコメント。大学のプレスリリースより抜粋しました。

聞くだけで安心する
それが「母の声」だった

新生児のうちから母親の声が聞き分けられる理由は、体内にいるときから耳にしているからだと考えられてきました。でも、耳にしているという点では父親も同じはず。けれど、現にカナダのモントリオール大学で実施された実験において、生後24時間以内の赤ちゃんが母親と他の女性(看護師など)の声をすでに聞き分けていることも判明しています。

さらに、幼少期の子どもにとって母親の声が最も重要なコミュニケーションツールであることの証明が、精神を安定させリラックスできる効果にあるようです。「CNN」が伝えるところによると、2010年に実施された調査でストレスを抱えたティーンエイジャーが、母親の声を電話で耳にするだけでストレスホルモンが減少していくことも明らかに。

生まれた直後から、母親の声を聞くことがいかに子どもたちの感情のバランスを整え、社会生活におけるキーファクターとなっているか。小言の内容うんぬんの前に、もっと生物学的な意味において、母親の声は私たちの脳に語りかけているのかもしれませんね。


アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
脳機能を高めるトレーニング法には昔から、そろばんやピアノ、瞑想などがいいと言われてきた。だけど、いわゆる脳トレに、もっと身近で簡単な方法があるそう。それが...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
子どもの知能は、どうやって決まるのでしょうか。遺伝的には両親ふたりから受け継ぐと考えられていましたが、最新の研究ではなんと、母親の影響のほうがずっと強い可...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...