子どもの脳の発達に「母親の声」が大きく影響している(米研究結果)

母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Mail」などがいっせいにこれを報じたのも、“母は偉大なり”が世界共通言語である証拠でしょう。

子どもたちのコミュニケーション能力を左右する、母の声。子どもがそれを認識するまでにかかる時間はなんと……。

わずか1秒足らずで
97%の子どもが母と認識

スタンフォード大学の薬学部で実施されたこの研究は、母親の声が他の一般女性と比べたとき、子どもたちの脳にどう反応を与えるかを調べたもの。被験者は7歳から12歳までの24人の子どもたち。MRIで脳のスキャニングをしながら、母親と知らない女性の声(子どもの名前ではなく意味のない単語)をランダムに聞かせました。

その結果、じつに約97%の子どもたちが自分の母親によるものだと脳が認識するまで、じつに1秒足らずで認識してしまうことが判明したのです。あくまで分母が少ないなかでの結果ではあるものの、子どもたちには瞬時に、それも正確に、母親の声を脳内で聞き分けている。これが、父親では同じ結果にならないんだそうだから、なんとも皮肉な話。

言語・感情の大部分は、
母の声を聞くことで発達する

ところで研究者たちが注目したのは、識別までのスピードよりもむしろこちら。脳への刺激は、音を認識する聴覚野だけでなく、感情をつかさどる領域、顔を認識したり、喜びを感じたり、社会的コミュニケーション能力に欠くことのできない脳の領域までもが、同時に刺激を受けていたという事実です。

「人間の社会生活や言語能力、感情の育成などの大部分は、母親の声を聞くことによって身についていきます。けれど、この非常に重要な音源が脳内でどう影響を与えていくか、ほとんど解明されていませんでした。まさか、これほど素早く脳の広範囲にまで母親の声が届いていたとは驚きでした」。

とは、研究を指揮した神経医学博士のDaniel Abrams教授のコメント。大学のプレスリリースより抜粋しました。

聞くだけで安心する
それが「母の声」だった

新生児のうちから母親の声が聞き分けられる理由は、体内にいるときから耳にしているからだと考えられてきました。でも、耳にしているという点では父親も同じはず。けれど、現にカナダのモントリオール大学で実施された実験において、生後24時間以内の赤ちゃんが母親と他の女性(看護師など)の声をすでに聞き分けていることも判明しています。

さらに、幼少期の子どもにとって母親の声が最も重要なコミュニケーションツールであることの証明が、精神を安定させリラックスできる効果にあるようです。「CNN」が伝えるところによると、2010年に実施された調査でストレスを抱えたティーンエイジャーが、母親の声を電話で耳にするだけでストレスホルモンが減少していくことも明らかに。

生まれた直後から、母親の声を聞くことがいかに子どもたちの感情のバランスを整え、社会生活におけるキーファクターとなっているか。小言の内容うんぬんの前に、もっと生物学的な意味において、母親の声は私たちの脳に語りかけているのかもしれませんね。


関連する記事

今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
スマートフォンやパソコンなどでラジオが聴ける無料のサービス「radiko」は、脳科学者・加藤俊徳医師監修のもと、大学生8名を対象に「ラジオを聴き続けると脳...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
脳機能を高めるトレーニング法には昔から、そろばんやピアノ、瞑想などがいいと言われてきた。だけど、いわゆる脳トレに、もっと身近で簡単な方法があるそう。それが...
イギリス「ブルネル大学」で心理学講師を務めるレイ・ノーベリー博士は、3730人の被験者を「朝型」と「夜型」に分けて、「UKバイオバンク」から得た脳のスキャ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
大人って大変で、辛くて、偉くて、立派な生き物だと思う。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。