「皆勤賞」に疑問を投げかけた、とある母親の意見

三人の子どもの母親Rachelさん。彼女がFacebookに投稿した内容が、大きな話題を呼んでいます。すべては、次男に与えられた「皆勤賞」の受賞を断ったことにあり。

「休まず学校に行くこと」は、一般的には賞賛されるべきこと。しかし、その賞に対する評価のあり方を問う彼女の主張は、様々な議論を生んだのです。

拒否した理由は以下4つ。背景には、学校に行きたくても行けない長男の存在がありました。

01.
ただ運が良かっただけだから

子どもが何かを成し遂げたとき、頑張った証を与えて褒めてあげることはもちろん大切なことだと思いますし、我が家でも行っています。

しかし「学校に毎日通えるほど健康であったこと」は、別段賞賛されるものではないとも思います。彼が事故に遭ったり、大きな病気を患ったり、障害を抱えたりすることなく毎日健やかに過ごせたのは、彼の運が良かったからです。

02.
学校を休みがちな子どもを
悪者にしてしまうから

毎日元気に学校へ行くのが賞賛されるということは、やむを得ない理由でそれができない子どもを悪にしてしまう可能性があります。

皆勤賞は、学校に行きたくても行けない、病気や障害を抱えて生活する子どもに負のレッテルを貼ることにならないでしょうか。家族の訃報で学校を休んだ子どもに「学校を休むのは悪いことだ」と言うことと同じになりかねないでしょうか。

全ての子どもを平等に扱うために、皆勤賞はひとつの障害となるかもしれません。

03.
子どもが自分自身で
成し遂げたことではないから

私は、子ども本人が自分の力で成し遂げたわけではないことは、賞賛されるべきではないと考えています。学校に毎日出席することをコントロールしていたのは母親です。

受動的に学校へ向かわされていた子どもが褒められることに、違和感を覚えます。

04.
授業以外の学校行事を
休ませていたから

次男は授業を休んだことはありませんが、学期末のレクリエーションや映画鑑賞などの行事には参加していません。また、一週間早く長期休暇に入らせています。実際のところ、皆勤というわけではないのです。

では、なぜ休ませたのか。

理由は、長男が重度の障がいを抱えていることにあります。長男は生活をする上で常に介護が必要なので、次男が早めに休暇に入り、手伝いをしてくれるのは非常に助かることです。また、普段の生活ではどうしても長男につきっきりになってしまうため、なるべく長く次男とゆっくりふれあえる時間を持ちたいと思い、このような判断を下しました。

中には、彼女の意見に疑問を投げかける人もいましたが、Rachelさんはそうやって議論が生まれたことをポジティブに捉えているようです。

「多くの人がこの件に関して声を上げてくれて嬉しいです。どのような意見も大切に受け取ります。

この記事が多方面で取り上げられたことをきっかけに、教育機関には今一度皆勤賞のあり方について考えてみてほしいと思います。障害を持つ子どもの親として、成熟した議論が展開されることを願っています」

Licensed material used with permission by Rachel Wright
マララさんのブッククラブが10月1日にオープンする。マララさん本人が選んだ本を毎月読んで、議論を交わす会員制のコミュニティ。
先日10日、グラミー賞を主催する「レコーディング・アカデミー」が、来年度から「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門」を「最優秀プログレッシブR&...
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
「どんなかまぼこならお正月の食卓に取り入れてもらえるだろう?」と考えた福岡の老舗「関屋蒲鉾」五代目が作った、一口サイズのかわいいかまぼこ「ハレかま」。この...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
2016年1月、お母さんと月に1度の「デート」をしている男の子の写真がFacebookに投稿されました。日々お手伝いをして稼いだお小遣いで支払いを済ませよ...
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
世界三大映画祭のひとつとして数えられる「ベルリン国際映画祭」が、これまで優れた演技をした役者に与えられてきた「男優賞」と「女優賞」の廃止を発表。来年からは...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
母親を題材にした素敵な記事を紹介します。「お母さんがあなたに決して言わなかった10のこと」。いま、一児の母となったライターNatasha Craigさんが...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
英サマセット州ヨービルで、毎年開催されるチーズの祭典「The Yeovil Show」。去る7月15日に開催されたコンテストにおいて、最もおいしいチェダー...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...