ママと月1でデートする、あの男の子。「紳士っぷり」にますます磨きが!

2016年1月、お母さんと月に1度の「デート」をしている男の子の写真がFacebookに投稿されました。日々お手伝いをして稼いだお小遣いで支払いを済ませようとするLyle君。一生懸命お金を数えようと財布を覗く姿にメロメロになってしまいそうなのだけど、実はこれ、お母さんのNikkoleさんが息子をジェントルマンに育てるための「デートマナー講座」という意味合いもあり、世界中から大きな反響を呼びました。

まずは話題の投稿を振り返ってみましょう。

オトナでもできない
紳士たる振る舞いの数々

Lyle君はお母さんのためにドアを開けたり、椅子を引いてあげたり。さらにはディナーをご馳走した後はお店にチップを支払ったりと、立ち振舞いはまさに大人顔負け。加えて、デート中はスマホの使用を禁止して会話を楽しむなど、まるで本物の恋人のよう。

それにしても、なぜここまで?Nikkoleさんは“開講”の理由をこのように説明しています。

「リスペクトを持って女性に接する。その大切さを子どもに教えることは、決して早すぎることじゃない。過去に男性に粗末に扱われたことがある女性として言わせてもらうと、自分の息子がそうならないように教えるのはもの凄く重要なの」

元々は、息子と特別な時間を過ごすためにデートを始めたのがきっかけ。その後、「彼が大きくなったらどう人と接して欲しいかを考えるようになった」ということです。

あれから1年半…
その後どうなったの?

気になる近況をNikkoleさんに聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「今も息子とは月に1度、デートに行っているの。相変わらず小さな紳士として振る舞ってくれているわ。そして私たちの絆は今までにないくらい固くなったの」

デートの様子だけではなく、息子が一生懸命家事をする姿も投稿しているNikkoleさん。「家事は女性だけがやるものじゃないのよ」という教えなんだとか。

72366a7c336c6877b7ae936fc1541bf8e8005f4a1dcae9c3e9f70989761f42e28b150b45b89449f4

家事の様子がメディアに取り上げられ、笑顔のLyle君。ますます魅力的なジェントルマンに育っていってね。

Licensed material used with permission by Nikkole Paulun
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
どうせ付き合うなら、長く続く関係を求めるのが当然です。そこで大事になるのが、パートナーとなるべく男性が、「男の子」ではなく「ジェントルマン(紳士)」である...
「I Heart Intelligence」にまとめられた紳士の見極め方。はっきり言って、特に目新しい項目はないかもしれません。でも、それだけジェントルマ...
男性の草食化が叫ばれて久しい、今日この頃。巧みにリードしてくれる「ジェントルマン」不足に嘆いている女性も、少なくないのでは?一方、男性にとってこれはチャン...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
自分勝手な元カレに振り回されて疲れ果てた・・・次に付き合うのは紳士的な男性がいい!と考えているあなた。でも紳士的な男性って、具体的にはどんな人のことを言う...
あなたが最近デートした男性が、本当にいい男なのか知りたくないですか?出会ったばかりのころは、誰もがいい男を演じるもの。だから「いい男」のフリをした薄っぺら...
あなたが付き合っている男性、もしかしたら女たらしかも!?そんな気になる真実を確認するために、女性ライターLauren Martinさんが書く「Elite ...
写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...