あこがれのドレスに袖を通したとき、5歳の少年は「最高のしあわせ」を見つけた。

写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性服です。

自分が着たいと思う服を自分で選んで着る。

これって、ごく当たり前のことですが、男だから、女だからと、着たい服を選ぶ前に“着るべき服”というフィルターが、まずそこにあるはずです。けれど、彼の家族は違いました。

子どもの「気持ち」が一番!

「Cianは、ただ着たい服を純粋な気持ちで選んでいるんです」

とは、誰よりも息子の感性を理解し、尊重している母親のCrystalさん。Cianくんがドレスに興味を持ちはじめた背景には、映画『アナと雪の女王』のあの2人の姿があったよう。

ある日、アナ雪の衣装を自分も着てみたい、と欲しがる息子に、母はためらうことなく、そのドレスを買ってあげたというのです。男の子がドレスを着たいと言い出したとき…Crystalさんの選択(もしかしたら決断だった?)に至れる親がどれだけいるんだろう。

一見シンプルに思える選択でも、それを信じ、尊重してくれる誰かがいるからこそなのかもしれませんね。

さて、ドレスを買ってもらったCian君は、愛おしそうな目で袖を通したそうです。その格好のまま、家族とショッピングに出かけ、周囲の目を気にすることなく楽しそうに過ごしたんだそう。

息子のよろこぶ姿を目の当たりにした両親。でき得る限りのサポートをしていこうと心に誓った瞬間でした。

こうして、ズボンとシャツでいっぱいだったCianくんのクローゼットには、色とりどりの華やかな洋服が少しずつ増えていったといいます。

自分にとって“最高”と思えるもの

「自分にとっての“最高”を見つけて欲しい」

これは、息子Cianくんに向けただけのものではなく、Crystalさんが写真を見たすべての人に伝えたい言葉です。

誰かの迷惑になることでないのならば、好きな感情を抑える必要なんてどこにもない。それがKells一家が出した答え。

心ない発言だってあるはずです。「男の子はこうあるべき」と彼を諭すことだって考えられたでしょう。けれど、親として子どもの感性をそっとサポートする、そのことの大切さを教えられた気がしませんか。

Licensed material used with permission by Crystal Kells
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
Alya Chaglarさんの娘のStefaniちゃんは、オシャレが大好きな3歳の女の子で、フルーツ、野菜、植物のドレスを着ているような写真がInstag...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
目に映るすべてが、「新しく見える」彼らに。