14歳の少年がルービックキューブ世界記録を更新!

一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!

わずか"4.90秒"!

5eb38dc707e6e6c08cebb47f0d73be56da51947d

「オオオオオ!」

と会場中が一気に沸きます!

A4f4bb7813054521d78ab59a115df39de3c196f7

動画はアメリカのメリーランド州クラークスビルで行われた大会「River Hill Fall 2015」の様子を捉えたもの。 Lucas Etterくん(14歳)の記録は公式団体「WCA世界キューブ協会」にも認められ、世界一の称号を得ました。

しかも、驚くことに同協会のランキングページの2位に同大会出場者Keaton Ellisくんの記録「5.09秒」がランクインしています。つまりこの大会の日は、世界記録が2回出たということ。「Five Thirty Sports」にも紹介されています。

ちなみに、3x3のルービックキューブには43,252,003,274,489,856,000通りの組み合わせがあるそう。コンピューターの計算では最短20手以下で解けると計算されているようですが、今回彼の手数が一体何手だったのか、速すぎて見えませんね…。そこに加えての世界記録連発ですから、会場があれだけ盛り上がるのも納得です。ブラボー!

Licensed material used with permission by Dana Etter
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
舞台はインドのウッタル・プラデーシュ州にある学校。Krishna Kumarさんは、教室に80人以上の生徒を集め、とあるギネス記録の更新にチャレンジしまし...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
Instagramで約20万人のフォロワーを持つアカウント@reagandoodleは、アメリカ・ポートランドに住む3歳の少年と、愛犬の成長を記録したもの...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
322.40点ーー。NHK杯における前人未到の300点超えが世間を賑わせたのは、2015年11月28日(土)のことだった。改めてその実力を世界に誇示したあ...
ちょうど1年前、長渕剛が観客10万人を前に、9時間半で44曲を熱唱するという前代未聞のライブを開催。「剛、スゲーッ」なんて思っていたら、先月、それを超える...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...