ハイヒールを履いた妖精が、フラフープで魅せる。

きらびやかな衣装を身にまとい、人々を魅了するプロパフォーマーMarawa Wampさん。注目すべきは、彼女の足元。しなやかに伸びる足先は、なんとハイヒール!

フラフープとハイヒールで
世界を魅了

彼女は、一度に200個のフラフープを回して世界記録を樹立したこともある人物。この他にもパフォーマンスに関する世界記録を8つも保有しているそうです。

ソマリア人の父とオーストラリア人の母の間に生まれ、幼少時代はオーストラリア、パプアニューギニア、中東と世界各地を転々とするなか、ソビエト連邦の元体操選手オルガ・コルブトに憧れ、高校卒業後は中国でサーカスに特化したパフォーマンスを学びました。

サーカススキルの訓練を受けたのち、Marawaさんはネパールやアメリカ、北朝鮮、オーストラリア、クロアチアなどでフラフープのパフォーマンスを披露し、レッスンも実施。

2012年、それまでのワークショップを通して、自身が主宰する「Majorettes」を立ち上げました。Marawaさんはフラフープパフォーマーの中心として、またフラフープの先生として、現在も精力的に活動を続けています。

ローラースケートだってこの通り

世界中でパフォーマンスを披露するMarawaさん、いま日本のゲームショーに出演することが夢なんですって。彼女の美脚が日本人の目にとまる日も近いかも。

Licensed material used with permission by Marawa Wamp
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
キラキラと輝きを放つゴールドのハイヒール「The Passion Diamond Shoes」。236個ものダイヤモンドをあしらっていて、なんと一足170...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
一方的に告白して玉砕したならいざ知らず、付き合っていた人にフラれるのはなかなか辛いものでしょう。特に向こうから告白してきて、好きになったところでフラれたよ...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
Dannahちゃん(妹)とDaniちゃん(姉)は、5歳と7歳の仲良し姉妹。ふたりが繰り広げる恋バナが「可愛い!」と、Instagramを中心に話題になって...
独自のアイデアやファッションセンス、“妖精のよう” と形容されるピュアな出で立ちや、唯一無二の歌声。50代に突入した今も、多くのファンを魅了しつづけている...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
ダンサーやバレリーナが、普段活躍しているステージの上から場所を変え、街なかに溶け込むように撮影された作品は目にすることがある。でも、ここに紹介する写真は似...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...
Jen Glantzは、最近お目当ての男性が海外に行ってしまうと聞いて居ても立ってもいられなくなり衝動的に告白。遠距離恋愛もなんのその!と気合十分で望みま...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
身長が低ければ「もう少し高ければなぁ」と思ったり、高ければ「もう少し低ければなぁ」と思ったり。隣の芝生は青く見えるもの。でも、最終的には自分の芝生を愛して...