街角に出現した、異次元への入り口

「新しいニーズには、新しい技法が必要だ」

「One: Number 31」で有名なジャクソン・ポロックの有名な一言。芸術の知識があまりない僕でさえ、彼の言葉が思い浮かんできたのは、アーティストPaige Smithさんの作品を見たからでした。

結晶化した
異世界のプラズマ光

Image by Gregory Tuzin

このアートは、「Urban Geode」と呼ばれるシリーズの1つなのだとか。すでに多くのメディアに取り上げられ、約10ヶ国でこれらが設置されているようです。

Image by Gregory Tuzin

Paigeさんは自身のアートを、日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受けた制作物だと表現します。それゆえ、異様な雰囲気を放つものになっているのかもしれません。

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

Image by Gregory Tuzin

なんとなく作品の規模から、誰でもできるように思ってしまいますが…。それは、Pollockの「One: Number 31」も同じ。

ということは、多くの国で人気を博す理由も、彼女のアートの雰囲気と時代のニーズがマッチしていたからなのかもしれないな〜。

Licensed material used with permission by Paige Smith
他の記事を見る
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
バッグの中が美術館になったり、瓶のフタがプールになったり。ロンドンのアーティスト・Slinkachuさんは「もしも小さな人がこの世界に存在したら」を想像し...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
ベルギーの街角でいたるところに出没する小さな清掃員たちが話題になっている。落書きを消したり、植物に水をやったり、ゴミの山と戦ったりと街の美観を保とうとオジ...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
写真は、下着メーカーのコレクションではないんです。注目するのは彼女たちのヒップ。宇宙の星雲や流星をモチーフにしたタトゥーかなにか、でもないんです。とすると...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...