街角のほころびを「LEGO」で修復するアーティスト。

古い街並みを歩いていると、壁にほころびができていることがあります。そんなとき、欠けた部分をよ〜く見てください。誰かがレゴで修復してくれているかも。

子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界40都市の街角に、Janさんのレゴがひっそりと佇んでいます。

レゴは、国境を越えて。

Janさんは2009年にイタリアのBocchignanoで開催された展示をきっかけに、世界各地の街の古い壁をレゴで修復するプロジェクトを始めました。モノトーンの壁に懐かしくて無邪気なレゴの色彩を見ると、不思議と心が癒やされます。

修復する壁の傷み具合によって、Janさんの作品の大きさは様々です。

壁に空いた穴が大きいほどレゴが占める面積は大きくなり、中には9kg分ものレゴブロックを使ったものもあるそうです。

Janさんによるレゴのパッチワークは話題を呼び、いくつかの作品はレンガとセメントで作られたレゴブロックに置き換えることで正式に壁の補修として認められているそう。

この作品に倣い、住人たちが自らレゴで街の壁を修復しはじめることもあります。このプロジェクトについて、Janさん本人もこのように呼びかけています。

これはグローバルなゲームだよ。きっと世界中の誰もがレゴを見たことがあるし、いくつか持っているんじゃないかな。みんな自分たちの住む街に、レゴのカラフルな色彩を加えよう。子供だけじゃなくて、大人も一緒に、世界をもっとカラフルに彩ろう。

言葉も文化も歴史も異なる世界のあらゆる場所で、同じ色のレゴブロックが街を彩っているのはとても優しくて美しい光景ですね。

子供には新しく、大人には懐かしいレゴブロックは、世界中の人々を結びつける手伝いをしてくれる素敵なアイテムなのかもしれません。ちなみに、銀座にもあるらしいですよ!

Licensed material used with permission by Jan Vormann, (Instagram)
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
「LEGO」を使って、実在する家のレプリカを忠実に再現するアーティストがNYにいる。WEBでの注文販売も受け付けていて、実際に家の図面、内装と外装を写真で...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...
LEGO IDEASのプロジェクトから生まれた「LEGO × セサミストリート」が2020年目処に発売予定。
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
「ローランド」が開発した「TAIKO-1」は、叩く強さや位置で音色を変化させ、さらには異なる種類の太鼓や拍子木、ほかの楽器の音まで奏でる電子和太鼓。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
「東京メトロ」と「富士ゼロックス」が共同開発した個室型のワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」が、2月20日より、明治神宮駅、溜池山王駅、池袋駅...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...