LEGOLAND Japanが話題ですが、この「LEGO風テープ」だって負けていませんよ。

つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲の“名古屋熱”は徐々に高まっているのだけど、そう簡単に行けるわけでもない。

ところが、この「Nimuno Loops」なら、自宅にいながらにして新たなLEGOの世界を堪能できること間違いなし。特に、想像力豊かな子どもが使うと、「そんなのあり!?」なんて遊び方を教えてもらえたりするんだろうなあ。

LEGOの世界が
無重力になった。

シンプルに説明すると、LEGOを接続できるデコボコな粘着テープ。これまではフラットな表面で遊ぶのが基本だったけれど、テープさえ貼れればどこでだった楽しめるように。好きな長さに切ることも可能だ。

で、どう楽しむ?

本来ならイマジネーションを働かせて、「◯◯してみたい」「いや、△△もイイな」と、そのポテンシャルの高さを自分で引き出したいところ。だけど、頭のかた〜い僕はそれが苦手。というか、そもそもこういうのって、子どもが自由な発想で遊んだほうが楽しめるに決まってる。

というわけで、教えてキッズたち!

なるほど、曲げられるテープなら、こんなブランコだって再現できるというわけだ。

どうせなら、平らな面じゃないところで楽しんじゃおうってことか。

あえてLEGOを上に置かない。なるほどたしかに、この画だけで十分新鮮で楽しめる。

模型や人形の“装飾”としても活躍?

脅威的な資金調達っぷり

最後に強調しておきたいことがある。

現在「INDIEGOGO」でクラウドファンディングを実施中のLEGO風テープは、なんと目標に対して200倍近い額の資金調達に成功しているのだ。過去に多くのアイテムを紹介してきたが、この数字はなかなかお目にかかれるものではない。

価格は今なら29ドル(約3,200円)からで、別途送料が必要。発送は今年8月頃を予定している。

Licensed material used with permission by Nimuno
他の記事を見る
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
Stanely Bolland君は、レゴが大好きな男の子。ある日、FacebookでLEGOの模型製作の求人を目にします。手紙で応募したStanely君は...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「Snorelax」の1,394人の被験者は、全員がリラックスをしながら寝れたと答えているようです。なぜなら、固定するというよりは気道を確保して、呼吸をし...
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
答えは、別にナナメ上の発想なんかじゃありません。むしろ、よ〜く考えれば、誰でも思いつくようなもの。あなたには、分かりますか?
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...