このテープがあれば、壁に穴を空けなくてもOK。

〈STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good design companyの水野学さんがアートディレクションを行ったブランドです。

付箋や手帳、ペンなど、どれも使いやすくていいんですが、この「両面テープ超強力透明15mm幅」はハンパじゃないです。

名前の通り、超強力な両面テープで、鏡とか額装とかをそのまま壁にくっつけることが可能です。しかも透明性も高いので、仕上がりもきれい。いかにもテープで貼りましたって感じにはなりません。

一家にひとつ。これがあれば壁の装飾が楽しくなります。

Amazonで購入可能です。

ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」。ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでも使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けよう...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
オン・オフ問わず人気の「コインローファー」の「穴」には、こんな秘密がありました!
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
画鋲がそのままフックになった「フック画鋲」。似たような便利グッズはいくらでもありますが、〈中川政七商店〉のものがベストだと思っています。まずフック部分が小...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
これまでにもレトロなテープライターや固形ペンキなど、手持ちのアイテムをアレンジできるものを紹介してきましたが、コイツもちょっとしたDIYが楽しめる商品。〈...