スクイーズみたいなコップ。

〈shupua(シュプア)〉のコップはシリコーン製。見た目は完全にガラスですが、握ると写真のようにクニャっとなります。

つまり、落としても割れない。滑りにくいし、倒れにくい……とくれば、子ども用に最適。アウトドアでも活躍します。

僕自身、キャンプ用にと購入したんですが、いざ手にとってみると機能云々よりも、シンプルに持った時の感触がいい! 

ちょっと話が逸れますが、子どもたちの間で、握って感触を楽しむスクイーズってオモチャが流行してるの知ってますか? ウチのコも大好きで、一日中ウレタン製のメロンパンや桃をニギニギしています。

〈shupua〉のコップにハマるのもそれに近いかも。

もちろん、スクイーズほど柔らかいわけではないんですが、ガラスや紙のコップとは違う、ソフトな感触が気持ちいいです。

クリア以外にカラーバリエーションが豊富なのも楽しい。揃えたくなります。

4726811023900672

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

〈PENCO〉の「Squeeze Case」。子どもたちに人気のスクイーズと同じく、思わず握ってしまうラバーの感触が楽しいペンケース。どこか海外製品のよう...
ニューヨークの街で年間1億8,000個も使用されているというコーヒーの紙コップをモチーフにしたウォレット。
〈奥原硝子製造所〉のコップ、琉球ガラスです。よく知られている通り琉球ガラスの特徴は、リサイクルガラスを使用していること。ゆえに、すべて微妙に大きさやカタチ...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があ...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
「NichePhone-S」は、SIMフリーでNTTドコモとソフトバンクの3G回線に対応しているガラケーです。主な機能は、通話、SMS、録音機能、Wi-F...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
〈KUUMBA(クンバ)〉のエアリフレッシュナーは、スプレーの噴射が強く、一気に部屋をいい香りへ。アロマ由来のやさしい香りも魅力です。
〈Marvis(マービス)〉のマウスウォッシュはボトルデザインに注目。オフィスのデスクの上に常備しても様になります。口に含んだ際も優しいアルコールフリー。
ウェビングベルトなんてどれも同じだと思ってませんか? 自分も色遊びでいろいろ購入して楽しんでいましたが、〈SWRVE(スワーブ)〉のベルトはちょっといいですよ。
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。