ウリをコップ型に育てて、完全なる植物由来の製品を実現!

プラスチック製品の大量生産と大量消費が問題視されるようになって、たくさんの企業と消費者が脱プラスチックを実践している。そんななか、ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。

「The Gourd Cup」と名付けられたこのコップは、ウリ科の植物を3Dプリンターで製作された鋳型に入れた上で成長させ、形作られる。「CRÈME」の創設者であるJun Aizaki氏は、スイカを四角くする工程から着想を得たそうだ。

製造というよりは“育てる”感覚でコップを作る点で、これまでになかった脱プラスチックのアプローチといえるだろう。

「The Gourd Cup」は合成繊維が使われていないので、生ゴミと同じように捨てられるし、コンポスターに入れれば肥料の一部になる。また、鋳型を変えれば、異なる容器を“育てる”ことも可能だ。

今後はKickstarterでこのプロジェクトの支援金を募るクラウドファンディングも実施予定とのこと。

©CRÈME Jun Aizaki Architecture & Design
©CRÈME Jun Aizaki Architecture & Design
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」で、体験型ドリンクケータリングイベント「飲む植物園@東京茶寮」が開催される。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
米国バーガーキングは、8月8日から全米7000店舗で植物由来のパティでつくられたワッパー「Impossible Whopper」の販売を開始する。通常のワ...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...