植物由来の海老を「天ぷら」でどうぞ

プラントベースは、肉から魚の時代へ──。

世界最大級のタイのシーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を天ぷらにして発売すると発表した。

同社では、すでにクラブケーキ(カニのハンバーグ)点心を販売するなど、植物由来食品に力を入れているようだ。

原材料については明かされていないが、数ヵ月以内に発売したいとのこと。

植物由来シーフードの市場は徐々に拡大しており、米大手スーパー「TRADER JOE'S」でもプラントベースシーフードの取り扱いを検討。コーヒーで有名な食品・飲料メーカー「Nestlé」は、昨年、ヴィーガン用のツナ缶を発売した。

日本人にとっては馴染み深い天ぷら。海老だけでなく衣も味の決め手だからこそ、衣がおいしければ意外とイケちゃうのかも?

Top image: © iStock.com/KPS
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事