「バナナの花」で作る「ヴィーガンフィッシュ」が間もなく販売開始

ジャックフルーツのジャーキーをはじめ話題のヴィーガン食品を手がけてきた「Upton's Naturals」が新商品を発表。魚肉の代替品としてリリースされる新たな商品の素材は「Banana Blossom」。そう、バナナの花だ。

バナナの花は涙のような形をしており、東南アジアやインドなどでは伝統的な食材として親しまれている。“バナナの心臓”とも呼ばれるこの花は、調理すると魚のような口当たりと食感になるのだとか。

また、鉄分やカルシウム、マグネシウムといったミネラルをはじめ、ビタミンCやA、Eなどの栄養素を豊富に含んでおり、低カロリーなのでダイエットにも最適。なんと、アンチエイジングなどにも効果があるとか。

パン粉をつけて揚げれば、白身魚のフライのような料理が完成し、ほかにもココナッツミルクで煮込んだりサラダとして食べたりと、いろいろなレシピに応用可。

5月から全米の「Whole Foods Market」の店舗で販売開始。このユニークで用途の広い食材、ヴィーガン以外の消費者からも大いに注目されそう!

© uptonsnaturals/Instagram
Top image: © iStock.com/kailasasundaram
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事