ギャグじゃないよ、ほんとだよ!現実になった「バナナフォン」

子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。

もちろん、ちゃんと“使える”ヤツです。

シンプルに
電話機能のみ

Ba604633a4f2bdaf97245f65ffec1df4467b8951

バナナフォンは、電話機能のみを備えたBluetoothハンドセット。「最近、メッセージやSNSに疲れた…」というスマホユーザーにはぴったり。

Bluetoothがスマホとバナナフォンをつないで、SiriとOK Googleが使えるようになっているので、スマホを手元に置かなくてもちゃんと電話ができるようになっているんです。 

使い方はいたってシンプル。

1:Bluetoothでスマホとバナナフォンを接続
2:電話をかけるときは、SiriかOK Googleに「〇〇さんに電話」と言う
3:電話をとるときは、ホームボタンを押す

1bd25e7c230f0558d81f99731dca2f5017a8c018

シュガースポットみたいな黒い点はスピーカー。マイクは下の方にあるバナナのマークです。LEDがひとつに、いろいろな用途で使えるボタンがみっつ。そして一番下、バナナの先っぽに USBの充電端子、といった作りになっています。

100%リサイクルのプラスチック素材で作られ、Bluetoothにさえ対応していればどんなスマホでも使用可能。1回の充電で連続通話10時間、アイドリングで70時間稼働できるそう。

「会話と笑顔」を増やして
マウンテンゴリラを保護しよう

Aeebfd7fae0b6f109760f7dc1bf57cbe07162cd4

開発理由は、ただのおふざけではありません。

その目的は、バナナで電話をするという面白アイデアで笑顔を増やし、スマホから離れる環境を作ること。そして、人と人とのコミュニケーションを増やすこと。

さらに、バナナフォンの売り上げの1%を、コンゴ共和国のヴィルンガ国立公園でマウンテンゴリラの保護活動をしている「Gearing Up for Gorillas」に寄付するとのこと。

価格も40ドルとお手頃で、現在INDIEGOGOで支援を募集中。今年の秋に収穫...もとい発送予定となっています。

ユニークな発想に、マウンテンゴリラの保護。バナナフォンをきっかけに色んな人と話ができそうですね!

Licensed material used with permission by Banana Phone LLC
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...