永遠のセックスシンボルを「バナナ」でどうぞ。

「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」

と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan Bruscheさん。趣味で始めたものが思いのほか周囲の注目を集め、「本気でやったらどうなるんだろう?」と思ったのが“決断”の理由だという。しかも、不安を抱くどころか「やらなきゃ一生後悔する」と感じたらしいのだからスゴイ。

不思議なバナナワールド、
とくとご覧あれ。 

言うまでもなく、『七年目の浮気』の1シーン。

夏になったらバナナサーフィンしに行こう!

うわっ!蹴らないでね…。

立体的な部分も、もちろん全てバナナ。

こちらは『スター・ウォーズ』からルーク・スカイウォーカーが登場!

アラスカでバナナ釣り。

恐い…。

最後の晩餐。食べているのはバナナ?

『デスノート』の大ファンなんだとか。

ちなみに、作品に使ったバナナはちゃんと食べているそう。

制作過程で苦労することについてStephanさんに聞いてみた。

「“時間内”に作品を完成させることが難しいよ。というのも、バナナが腐ってしまうから、だいたい1時間くらいで絵を描いて、カット、仕上げなきゃいけないんだ。描いたものは消せないから、失敗が許されないところも難しいね」

将来的には、さらにスキルを磨き、様々な国で展示会を開きたいとのこと。いつか日本にもやってくる!?

Licensed material used with permission by Stephan Brusche, Facebook, Twitter, Instagram

関連する記事

夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
雑誌『Hanako』が監修するアイスバーの第3弾は「バナナジュース」がテーマ。全国のファミリーマートで4/7より先行販売。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
「ディズニー」が「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」の直営ホテル「ディズニー・ポリネシアン・ビレッジ・リゾート」内のレストラン「コナ・カフェ」で提...
伊豆のレジャー施設「熱川バナナワニ園」と伊豆のクラフトビールメーカー「反射炉ビヤ」がコラボしたフルーツビール「伊豆バナナワニIPA」が、3月15日より販売...
ヴィーガン食品などを手がける「Upton's Naturals」が魚の代替品となる新商品 「Banana Blossom」を発表。
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
「枯れたバナナの葉」が、新たな命を吹き込まれ、日本に上陸した。「P.a.d Banana Leaf Product」というタイのエコブランドが今回発売する...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
5月14日、オーストラリア発のウェルネスブランド「Swisse Me」が「FOODPORN(フードポルノ)」というタイトルのCMを公開した。
多数の著名なアーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンにある「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学キャンパスに大量のニンジンを用いたインス...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...