永遠のセックスシンボルを「バナナ」でどうぞ。

「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」

と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan Bruscheさん。趣味で始めたものが思いのほか周囲の注目を集め、「本気でやったらどうなるんだろう?」と思ったのが“決断”の理由だという。しかも、不安を抱くどころか「やらなきゃ一生後悔する」と感じたらしいのだからスゴイ。

不思議なバナナワールド、
とくとご覧あれ。 

言うまでもなく、『七年目の浮気』の1シーン。

夏になったらバナナサーフィンしに行こう!

うわっ!蹴らないでね…。

立体的な部分も、もちろん全てバナナ。

こちらは『スター・ウォーズ』からルーク・スカイウォーカーが登場!

アラスカでバナナ釣り。

恐い…。

最後の晩餐。食べているのはバナナ?

『デスノート』の大ファンなんだとか。

ちなみに、作品に使ったバナナはちゃんと食べているそう。

制作過程で苦労することについてStephanさんに聞いてみた。

「“時間内”に作品を完成させることが難しいよ。というのも、バナナが腐ってしまうから、だいたい1時間くらいで絵を描いて、カット、仕上げなきゃいけないんだ。描いたものは消せないから、失敗が許されないところも難しいね」

将来的には、さらにスキルを磨き、様々な国で展示会を開きたいとのこと。いつか日本にもやってくる!?

Licensed material used with permission by Stephan Brusche, Facebook, Twitter, Instagram
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
スウェーデン料理のなかに「空飛ぶヤコブさん」というメニューがあります。このネーミング自体かなり飛ばしているように思えてなりませんが、使われている材料がまた...