捨てられるはずの「枯れたバナナの葉」に命を吹き込むバッグ

「枯れたバナナの葉」が、新たな命を吹き込まれ、日本に上陸した。

【P.a.d Banana Leaf Product】というタイのエコブランドが手がけるこのアイテム、今回発売するのは「財布」、「カードケース」、「タブレットケース」、「クラッチバッグ」の4点。3月9日より応援購入サービス「Makuake」にて予約をスタートしている。

タイのウッダラディット県で、「P.a.d Banana Leaf Product」のオーナー兼デザイナーPadchareeya Fangaodが、庭の枯れたバナナの葉を見てこの製品を思いついたのはまだ学生の頃だったという。

その後、地球環境のためにバッグや小物、日用品をエコな材料で作ろうと研究をスタート。すぐ割れてしまう枯れた葉で製品をつくるのは困難を極めたが、さまざまな方法を試し、ついに薬品を使用せずにに布のような柔軟性を持たせることに成功。天然コットンと縫い合わせることによって、さまざまな製品に利用できる技術を開発し、卒業後「P.a.d Banana Leaf Product」の立ち上げに至っている。

天然の葉そのままに、オールハンドメイド。ナチュラルな中にも個性があり、男女も、オンオフも問わず、いつでも自然を身近に感じられる本アイテムは、世の中の「捨てられるはずだったもの」の可能性について、改めて考える機会を与えれくれるはずだ。

©Rela株式会社
©Rela株式会社
©Rela株式会社
©Rela株式会社

P.a.d Banana Leaf Product

【「Makuake」プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/leaf_product/

Top image: © Rela株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
Twitterトレンドの1位になるほどの話題性と人気を誇る「養命酒エコバッグ」が当たるプレゼントキャンペーン実施中!
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
ニューヨーク発のバッグブランド「LeSportsac(レスポートサック)」から、ペットボトルでできたリサイクル糸を使用したバッグが登場。
サステイナブルな商品を販売し、社会課題やその解決策を発信するべく「サステナブル・ファッション・サークル」が発足。「プレオーガニックコットン」を用いたオリジ...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
「セシール」のメンズファッションブランド「メンズセシール」よりサステイナブルなリバーシブルジャケットが登場。気分に合わせてスタイルが変えられるほか、はっ水...
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
短くなったら捨てるのではなく、ポットに植える。デンマーク発のサステイナブルな鉛筆は、使い終わったあとも楽しみがあるユニークなアイテム。
斬新奇抜なパリ発のファッションブランド「アメリ・ピシャール(AMELIE PICHARD)」によって世界初(?)のヴィーガンバッグ「baby abag」が...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...