捨てられるモノに新たな命を。20年以上も、同じことだけをやってきた。

何かに取り憑かれる、という言葉があるけど、それは人々に広がっていくのかもしれない。

Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったところ。日の目が出てきたのは、最近のことらしい。

作品を見ると、目の周りや口元、あご筋などの細かいところまで、再現されている。捨てられるはずだった本に、新たな命を宿らせる才能を持ったアーティスト。まさに神のような力に、今度は、僕たちが取り憑かれそうだ。

Licensed material used with permission by Long-Bin Chen
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
先日、フェストフードチェーン「タコベル」のタコスソースが人の命を救うという出来事がありました。
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...