20年以上「カタツムリの軌跡」を撮り続けている男

一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。

「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めていたわけではなかったけれど、そんなことのほうが、かえって面白い場合もありますよね」

ことの次第をそう振り返えるのは、写真家Daniel Ranalliさん。マサチューセッツ州・ケープコッドの干潟で、ふと目にした光景に心を奪われた。

この動きを
どう捉えればいい?

彼の足元には、何匹かのカタツムリとそれらが移動した跡が。それを見て「軌跡には無数のパターンがあるのでは?」と思い、なんとなくカメラを構えたのだそう。

と、サラッと書いてしまったが、その着眼点に驚かされる。

2cacfdc08737f068a789ebd46afeb8ebb95a5729

そうしてスタートしたのが、この「Snail Drawings」という写真プロジェクト。複数のカタツムリをさまざまに配置し、それぞれが動いた軌跡を撮影するというものだ。

Before/After

F6adae1661c8230092655603b6f35c8060fd412720355f5219208e0727980fcaf005ca70e3ec6468398badd5de3c7be33ee240a472402b6c2b7412c5F6b2c443c5434050722f506bafb799624af90f2202a81300f24144dbabd2e1d414bfc1bcdb7b356f83fa7f7a34679d52a5c7c14fa27ad4019965c1bd6c001a121b6232c6b89a65d9f87f3dd4c9f50e73

正直言って、ここから何を読み取ればいいのかは分かりかねる。そもそもこれは、アートなのだろうか?それとも、生物学的な実験?Danielさんの言葉を聞くかぎりは、両方の性質を兼ね備えていると言える。

「私は、科学の文脈の中でアートが果たす役割に興味がありました。だからこそ、これらを写真として記録する必要があったのです。

20年以上この活動を続けてきて、彼らの行動について学ぶことができました。基本的には水に向かって動き、暑いときはあまり動きません。以前は数分歩けば30〜40匹を簡単に見つけることができていましたが、今ではその半分程度しか見つからなくなってしまいました。いろいろな発見がありますね」

183cbe246c76f97bc0653ab17cda9e4732602629

カタツムリの軌跡を見たことがあるという人は、決して少なくないだろう。しかし、それを観察し、写真として切り取りつつ、アート・生物学的な資料としての価値をも付与するなんてアイデアは、まず生まれないのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Daniel Ranalli
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。け...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...