20年以上「カタツムリの軌跡」を撮り続けている男

一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。

「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めていたわけではなかったけれど、そんなことのほうが、かえって面白い場合もありますよね」

ことの次第をそう振り返えるのは、写真家Daniel Ranalliさん。マサチューセッツ州・ケープコッドの干潟で、ふと目にした光景に心を奪われた。

この動きを
どう捉えればいい?

彼の足元には、何匹かのカタツムリとそれらが移動した跡が。それを見て「軌跡には無数のパターンがあるのでは?」と思い、なんとなくカメラを構えたのだそう。

と、サラッと書いてしまったが、その着眼点に驚かされる。

そうしてスタートしたのが、この「Snail Drawings」という写真プロジェクト。複数のカタツムリをさまざまに配置し、それぞれが動いた軌跡を撮影するというものだ。

Before/After

正直言って、ここから何を読み取ればいいのかは分かりかねる。そもそもこれは、アートなのだろうか?それとも、生物学的な実験?Danielさんの言葉を聞くかぎりは、両方の性質を兼ね備えていると言える。

「私は、科学の文脈の中でアートが果たす役割に興味がありました。だからこそ、これらを写真として記録する必要があったのです。

20年以上この活動を続けてきて、彼らの行動について学ぶことができました。基本的には水に向かって動き、暑いときはあまり動きません。以前は数分歩けば30〜40匹を簡単に見つけることができていましたが、今ではその半分程度しか見つからなくなってしまいました。いろいろな発見がありますね」

カタツムリの軌跡を見たことがあるという人は、決して少なくないだろう。しかし、それを観察し、写真として切り取りつつ、アート・生物学的な資料としての価値をも付与するなんてアイデアは、まず生まれないのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Daniel Ranalli
他の記事を見る
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。け...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
って、言うほど高いところでもないんですけどね。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...