片隅に置かれた「歯ブラシ」までとことんアートに!

抽象画家と言えば誰を思い浮かべますか?

いや、質問をかえましょう。ピカソの絵、思い出せる?

カディンスキーやピカソ、ピエト・モンドリアンなど、名前は知らずとも、世界的に有名な彼らの作品を誰しも一度は美術の教科書などで見たことがあるはず。そんな彼らの作品が、ロシアで歯ブラシに!

磨き心地はさておいて、ビジュアルが印象的。アート好きはもちろん、子どもも喜びそうなカラーリングです。

現代アートが詰まった「ひと箱」

5945506786181120

抽象絵画に傾倒していなくとも、なぜか惹かれてしまうこの色合い。
気になる中身は…

4646448696131584

さらに箱!
5つのパッケージが入っていて、よく見てみるとそれぞれイラストが違う。
近寄ってみると、

58205656506695685270313365405696

世界的抽象画家の作品がそれぞれの箱に描かれているのです。
そう、お気づきの方もいるでしょうが、商品の外箱はこの5つの作品の特徴的な色彩と絵柄をミックスさせているのです。

歯ブラシって、なぜか高機能そうな
デザインばっかりだから

5447788661833728

日本でよく売っている歯ブラシって、とにかく使いやすさを重視したデザインで、洗面所に置いていてもなんとも存在感が薄い。部屋の細かなアイテムにも気を使っている人なら、片隅にある歯ブラシにもこだわりたい!

自分用だけでなく、休日に美術館巡りが趣味なあの子やこの子にプレゼントしたら喜んでくれそうですよね。あえてキャンプや旅行に持参して、みんなにさりげなくセンスのよさをアピールするのもいいかも。

Licensed material used with permission by MontCarotte
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...