片隅に置かれた「歯ブラシ」までとことんアートに!

抽象画家と言えば誰を思い浮かべますか?

いや、質問をかえましょう。ピカソの絵、思い出せる?

カディンスキーやピカソ、ピエト・モンドリアンなど、名前は知らずとも、世界的に有名な彼らの作品を誰しも一度は美術の教科書などで見たことがあるはず。そんな彼らの作品が、ロシアで歯ブラシに!

磨き心地はさておいて、ビジュアルが印象的。アート好きはもちろん、子どもも喜びそうなカラーリングです。

現代アートが詰まった「ひと箱」

抽象絵画に傾倒していなくとも、なぜか惹かれてしまうこの色合い。
気になる中身は…

さらに箱!
5つのパッケージが入っていて、よく見てみるとそれぞれイラストが違う。
近寄ってみると、

世界的抽象画家の作品がそれぞれの箱に描かれているのです。
そう、お気づきの方もいるでしょうが、商品の外箱はこの5つの作品の特徴的な色彩と絵柄をミックスさせているのです。

歯ブラシって、なぜか高機能そうな
デザインばっかりだから

日本でよく売っている歯ブラシって、とにかく使いやすさを重視したデザインで、洗面所に置いていてもなんとも存在感が薄い。部屋の細かなアイテムにも気を使っている人なら、片隅にある歯ブラシにもこだわりたい!

自分用だけでなく、休日に美術館巡りが趣味なあの子やこの子にプレゼントしたら喜んでくれそうですよね。あえてキャンプや旅行に持参して、みんなにさりげなくセンスのよさをアピールするのもいいかも。

Licensed material used with permission by MontCarotte
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「ブラウン」が発売した電動歯ブラシ「ジーニアスX」が、今までの歯磨きの仕方に変化を起こしそうだ。これは同ブランドの代名詞ともいえる「オーラルB」の最上位モ...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
切なく官能的な作風でおなじみのイラストレーター・たなかみさきとコラボレーションした新商品「キットカット めかくしショコラトリー」がデビュー。
「ドラえもん」が、2020年でまんが連載開始50周年を迎えたことを記念し、「のび太さんのエッチー!」でおなじみのヒロイン・しずかちゃんのバスタイムをイメー...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...