赤ちゃんのことを本気で考えたら、歯ブラシはこんなカタチになりました。

「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」

歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ちゃんが歯磨きを嫌がって困っている人にオススメしたいベビー用歯ブラシです。

赤ちゃんのハミガキを
もっと楽しく、安全に

歯科医師と歯科衛生士が2年をかけて開発したHAMICOは、キュートなデザインが目を引くだけでなく、機能性も◎。毎日の歯磨きタイムが楽しいひとときに変わる4つのポイントがあるんです。

01.
赤ちゃんもママも握りやすい

赤ちゃんの小さな手でも握りやすいリング型。そのまま仕上げ磨きもできるよう、ママにも持ちやすい薄くフラットな形状になっています。

02.
喉まで届かない安全設計

丸いリング型のハンドルがストッパーとなって、ブラシが喉まで届かない設計に。

03.
デリケートな歯肉に優しい
やわらかいブラシ

やわらかい毛を使用し、1本1本の毛先を丸く加工しているため、生え始めの繊細な歯肉を刺激しません。

04.
奥歯までしっかり磨ける

ヘッド部分を極限まで小さくし、毛の長さも短くすることで、奥歯までしっかり磨けるよう設計しています。

シリーズは2種類

お絵かき、落書きという意味の「Doodle(ドゥードゥル)」シリーズ。ピカピカ・シャカシャカ・ゴロゴロなど歯磨きの音から思い浮かぶイラストを散りばめたデザインです。全5種。

一方こちらは、「12Animals」シリーズ。赤ちゃんの誕生月に合わせてプレゼントしたり、月1回の歯ブラシ交換が楽しみになるよう、1から12までの数字と動物をモチーフにしたデザインになっています。

価格は600円(税別)で、対象年齢は5ヶ月から3歳。取り扱い店舗はこちら。出産祝いやプチギフトにも良さそうですよね。

Licensed material used with permission by 株式会社ホクビ
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
この4種類をデスクに常備しています。
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
子どもの頃、親から教わった歯磨きの仕方。大人になった今でも、なんとなくそのまま続けちゃってはいませんか?もしかしたらソレ、正しいブラッシングじゃないかもし...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
カナダで開発された歯磨きができるドリンクです。キシリトールを特殊製法で加工することで口内環境を整え、虫歯などの原因になる細菌を減らす効果があります。オーガ...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
僕の場合、考えた末に出たのがこの答えでした(笑)。
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...