プラスチックではなく竹でできた歯ブラシ

Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売。彼女には、使い捨てとまでは言わないけどホテルなどで多く消費されているプラスチック製の歯ブラシを減らしたい、という思いがあるようです。

だから、「PLUS ULTRA」の製品はナイロン製のブラシなどを除けば99%が生物分解できるようにデザインされています。要するに環境に優しい。

……なんてことを差し引いても、クールなプロダクトですね。歯ブラシに刻まれている「Hello Gorgeous」や「Brush Smile Repeat」などのメッセージにもセンスを感じます。

アメリカでしか買えないのが残念!

©2018 PLUS ULTRA
©2018 PLUS ULTRA
©2018 PLUS ULTRA
Top image: © 2018 PLUS ULTRA
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブー...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。