「竹」で作るトイレットペーパーが、かなり理にかなっていた。

トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。

とはいえ、僕たちの生活に欠かせないものであることは言わずもがな。となると、解決策は、別の原料で代替すること。

成長速度が早く、用途が少ない。

結論からいうと、頼るべきは「竹」かもしれない。

上の画像は、左が「木」で右が「竹」、感じ取ってほしいのは、成長速度の圧倒的な差。知っている人も多いだろうが、後者は1日に約1mも伸び、2ヶ月もあればほとんど成長し切ってしまう。ただ、伸びきった竹の使い道といえば…、七夕祭りくらいだろうか。

この「成長速度が早く、用途が少ない」という特徴を利用して開発したのが「Tushy」。

従来のトイレットペーパーと違い、茶色い仕上がり。

開発元の調べによると、白くするために年間670億ガロン(2,500億リットル)の漂白剤が使用されているとのこと。さらに、これは発がん性を有するダイオキシンとフランを発生させる原因にもなってしまうらしい。

確かに、そこまでして「白」である必要はない気もする。

気になる肌ざわりは?

いくら環境に配慮されたものであったとしても、直接肌に触れる以上、使用感にはこだわりたいところだが、開発元曰く「絹のようにしなやかながらも耐久性がある」とのこと。12ロールで18ドル(約2,000円)と少し高い印象だが、シルクのような肌ざわりなら無理もないかもしれない。

さらなるコストダウンが実現できれば、消費者としても現実的な選択肢になりそうだ。

Licensed material used with permission by Tushy

関連する記事

「MIT」の博士課程の学生が発表した論文で、実験室で木材や繊維など特定の植物組織が育てられることを提唱した。将来的に木材の生産がすべてラボでできるかも。
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
コンパクトサイズで持ち運びに便利なロールタイプのトイレットペーパーが登場。アウトドアシーンやお出かけの際に活躍するだけでなく、トイレットペーパー共有による...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
「Cashmere Collection」は、今年で17回目を迎えるトイレットペーパーでできたドレスのファッションショー。
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。
循環素材である「竹」を使用した生活グッズを展開する、サステイナブルブランド「MiYO-organic-」誕生。
今までトイレットペーパーホルダーを気に留めたことがあるだろうか?じつは大いなる創造力を活かせる素敵なフィールドだったことに気づかされる展示が開催中。
歯に衣着せぬ物言い、誰にも媚びない、等身大のラッパー。こう表現すれば、間違いなくVince Staplesはその第一候補。決して自分を大きく見せない彼が“...
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉のカップは、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋める...
竹から生まれたサステイナブルなコーヒーカップ「Ecoffee Cup」から新デザインが登場。新作のモノトーンカラーをはじめとするクールで大人な雰囲気が漂う...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブー...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
プラスチックを一切使っていない妊娠検査薬「Lia」。生物分解されるので、地球に悪影響を与えないエコ製品です。その性質はトイレットペーパーとほぼ同じ。だから...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
10月上旬、認可外保育所の運営などを手がける「株式会社Kleur(クルール)」は、子どものトイレトレーニング専用トイレットペーパー「PooPaint(プー...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...