このウェディングドレスの素材は、毎日使う「あの紙」です

エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられたウェディングドレスなんて想像すらしたこともなかった。

でも、バカバカしいと思うなかれ。そのクオリティの高さは本物にもひけをとらないレベル。めっちゃつくりこまれているのだ。今年で13年目を迎えるというのも納得できる。

これこそ、“カミワザ”

このコンテスト、突拍子もない思いつきかと思いきや、とてもしっかりしている。参加条件から、ルール、審査基準、そして、賞金までとじつに細かい部分まで厳格にルール化されているのだ。

まず、参加条件は、「18歳以上」「アメリカ国籍」「コンテスト関係者以外」。残念ながら、今のところ日本からのエントリーはNGのようだ。

次に、ルールだが、対象となるのは「ウェディングドレス」と「ヘッドピース」。この2つをトイレットペーパー、接着剤、テープ、そして針と糸のみで作らなければならない。これは、知恵と手先の器用さが求められそう。

気になる審査基準をチェックしてみると「創造性」「独創性」「作品の出来栄え」とある。やはり、アイデア勝負といったところか。

最後に、賞金に関しては、1位は、10,000ドル(約110万円)、2位・3位は、それぞれ5,000ドル(約55万円)、2,500ドル(約27万5千円)。

また、トップ10までのドレスはニューヨークでのファイナルイベントでお披露目。ランウェイを使用した本格的なファッションショースタイルで、最終審査が行われるといった内容なのだ。

このコンテストの正式名称は、「The 2017 Toilet Paper Wedding Dress Contest」。今年度のエントリー期間は、4月4日から6月5日までなので、締め切りはもうすぐ。今頃、参加者それぞれが、ラストスパートにかかっているところだろうか。

それにしても、どうしても気になることがある。もしも、雨が降ったらドレスはどうなってしまうのだろう?あっ、スミマセン。水をさすようなことを言ってしまって。

Licensed material used with permission by Cheap-Chic-Weddings.com
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
静岡県浜松市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、愛知県瀬戸市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...