このドレス、何からできていると思う?

色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか?実はこれ…

…「お菓子の包み紙」なんです!

夫と出会うきっかけになった
「Starburst」でドレスを

Emilyさんと旦那さんとの出会いのきっかけは、「Starburst」というキャンディー。「Starburst」が大好きな旦那さんが、Emilyさんにお菓子を分けてくれたのが最初の出会いだったんだそう。そんな思い出の詰まった素材で、ドレスを作ることにしました。

友達や家族の協力のもと、包み紙を集め続けること4年!まずは色分けをします。

次に、1枚1枚アイロンをかけ…

伸縮性のある糸で縫い合わせ、鎖状にしていきます。

最後はこの通り。

包み紙を集めるのに4年、製作に1年、計5年もの歳月をかけて完成させました。使った枚数は、少なくとも1万枚以上にのぼるそうです。

このドレスは、2年前の結婚式でも会場に飾られたんだそうです。旦那さんとの甘い思い出がたっぷり詰まったこのドレスは、きっとふたりの門出を華やかに彩ったことでしょう。

Licensed material used with permission by Artistry and Upcycling by Emily Seilhamer
他の記事を見る
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。Instagramの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。